しゅみ女子

日本酒

しゅみ女子先輩 interview#3:関根 亜紗美さん

2017年4月17日

#プロフィール

社会人11年目/IT企業勤務/土日休み/都内住み


#趣味

日本酒


日本酒女子のあさみ先輩に話を伺いました

――あさみ先輩こんにちは!今日はよろしくお願いします。

こんにちは!よろしくお願いします!


――早速ですが、日本酒ってどんなふうに楽しむんですか?

美味しい日本酒を飲みながら友達と話をしたり、素材や作り方の違いを知ったり、飲み比べをしたり、蔵元さんと会えるイベントに行ったりしています。


――いつ頃から飲むようになったんですか?

日本酒を好きになって、よく飲むようになったのは4年ほど前ですね。それから、週2日~3日飲みに行ってます。友達と飲みながら話をするのが好きで、家で一人で飲むことはあまりないです。


――週2、3日!結構飲まれるんですね!ちなみにちょっと高いイメージもあるんですが、予算はどれくらいですか?

食事とセットなのでお店によってピンきりですね。1万円以上することもあれば、立ち飲みで2000円ですむことも。平均するとだいたい5000円くらいかな。


#はじめたきっかけ

――あさみ先輩はどうして日本酒を好きになったんですか?

4年前に池袋で、フルーティで飲みやすい日本酒に出会ったんです。それまでも友人の結婚式や飲み会で日本酒を飲んだことはあったけれど、美味しいとまでは思わなくて。この日本酒を飲んだとき、飲みやすくてぐいぐい飲めちゃって、日本酒の概念覆されました。


――それから日本酒にハマったんですね!

そうなんです。でもその後しばらく飲む機会がなくて。本格的にハマったのは、日本酒好きな友達ができてからかな。その人が美味しい日本酒を紹介してくれたり、イベントに誘ってくれたりして、よく飲むようになりました。


#はじめる前に不安だったこと

――日本酒にハマる前に、お金とか飲み方とか不安はありましたか?

不安はなかったです。ただ貯金するだけだと何のために働いているのかわからなくなる(笑)。仕事以外の楽しみがあってお金を使うのも良いですよ。


#日本酒をはじめてみて

――飲む以外の楽しみ方を知ったのはいつ頃ですか?

2年ほど前に、初めて日本酒のイベントに参加した時です。すごい量の日本酒があって呆然としました(笑)。日本酒専門店や、酒屋さんが定期的にやっているイベントとか、いろんなイベントがあって。蔵元さんの話を聞ける機会もあるし、たくさん友達もできました。日本酒を飲む若い女性はまだまだ少ないからすぐに仲良くなれますよ。


――作り手さんと話すのはおもしろそうですね!

イベントだと自ら日本酒を広めに来てくれて話を聞けます。蔵元さんは職人ですね。日本文化がもともと好きというわけではないけど、それぞれに志やこだわりを持ってやっていて、あついなと思います。ただ飲むだけではなく、そういった話がきけるのもおもしろいと思います。


※写真は10月1日の日本酒とメガネの日にちなんだ限定酒。


#しゅみ女子一問一答

――お酒弱いので、日本酒を飲むと酔っ払って人に迷惑をかけそうで怖いです…。

飲み方に気をつければ大丈夫ですよ。同じ量の水を飲むようにするとか、限界を知らないなら少しずつ飲むとか。お酒弱くても好きな人もいるし、自分の飲める量をわかっていれば問題ないです。


――お金かかりませんか?

他のお酒と比べて安く飲めると思います。例えば渋谷や新宿では立ち飲みが結構ありますよ。


――たくさん種類があって、お店で何を注文すれば良いかわかりません。

お店の人におすすめを聞くと良いです。初めてなら飲みやすいものを教えてくれるし、「甘いのが良い」とか曖昧でも良いので伝えると教えてくれます。コース料理を予約して、料理に合うものを出してもらうこともあります。少し飲んでみて合わなかったら、「もう少しこういうお酒はありますか?」と聞いてみると良いですよ。いろんな人に聞きながら自分の好みを知っていってください。


――イベント情報ってどこで知るんですか?

私は日本酒仲間が誘ってくれることが多いです。あとは商店街のイベントとか、facebookで日本酒を検索するとイベントが出てきますよ。


――イベントとか酒屋さんとか、一人で行く勇気が出ません…。

友達と一緒に行ってみても良いと思います。でも一人でいると話しかけてくれることも多くて、隣同士や店員さんと仲良くなれるので、一人で飛び込んでみるのもおすすめです。若い女性で日本酒を飲む人は珍しいので、日本酒に詳しい人とか話しかけてくれますよ。若い人に美味しい日本酒を飲んでほしい、という人がたくさんいるので。


#日本酒に興味があるしゅみ女子にひとこと

日本酒を通して、友達が増えたり、蔵元さんと仲良くなれたり、いろんな輪が広がります。社会人になるとなかなか、利害関係のない友達ってできないですよね。学生時代の同年代の友達しかいなかったり。でも日本酒という共通言語があれば話題にも困らないし、年の離れた友達、利害関係のない長く付き合える友達もできます。若くてイケメンな蔵元さんもいますし(笑)。輪を広げて、ただ騒ぐだけじゃない、お酒の楽しみ方を知ってください!


しゅみ女子編集部
しゅみ女子編集部

趣味を持って、さらに豊かな人生を。 女性の毎日がよりHappyになるような趣味さがしをお手伝いします。