しゅみ女子

ダンス

しゅみ女子先輩 interview#4:岡安 希帆さん

2017年4月17日

#プロフィール

社会人4年目/人材紹介会社勤務/土日休み/神奈川県在住


#趣味

ダンス(クラシックバレエ


ダンス女子のきほ先輩に話を伺いました

――きほ先輩こんにちは!今日はよろしくお願いします。

こんにちは!よろしくお願いします!


――早速ですが、バレエはどんな環境でされているんですか?

今は、渋谷や表参道にあるバレエスタジオで、月謝制でなく誰でも単発で参加できるオープンクラスに通っています。いろいろなレベルのクラスがあるし、予約なしで行きたい時に行けるので、通いやすいです。仕事帰りの他、友達との飲み会の前に行くこともあります。


――始められたのはいつ頃ですか?

3歳の頃です。習い事として始めました。子どもの頃は週4~7日通っていたんですが、高校に入るタイミングで辞めてしまって。社会人になってから再開して、今は週1日通っています。


――ほぼ毎日されてたんですね!今のきほ先輩のように週1日通うとしたら、予算はどれくらいですか?

教室に通う金額だけなら、月7000円前後でしょうか。ただ、バレエは始める時にシューズ・タイツ・レオタードを買わないといけないので、最初は少しお金がかかりますね。あとは発表会やコンクールに出ると、衣装代などがかかります。


#はじめたきっかけ

――きほ先輩は小さい頃にバレエを始められてますが、ご家族から勧められたんですか?

そうですね。親がやらせたかったから、というのはあります。でも最初からバレエが好きで、家でずっと踊ってたみたいです。もともとシャイだったんですが、バレエだと自己表現ができて、それが好きだったんですよね。


――高校で辞められたのと、社会人で再開されたのは、どんなきっかけですか?

高校の部活にバレエはないし、高校が家から遠かったので習い事も続けられず、諦めました。家での練習だけ続けていました。社会人になって、仕事が忙しい時期にストレス発散がしたくて、一番やりたいことって何だっけと考えたらバレエだったんです。それで再開しました。


#はじめる前に不安だったこと

――社会人になってバレエを再開されるとき、不安はありましたか?

ありましたね。体力的についていけるかなとか、スタジオのレベルが低くてつまらなかったり高くてついていけなかったりしたらどうしようとか、通っている人たちに馴染めるかなとか。見学することで、どのくらいのレベルかはわかりましたし、同年代の人も何人かいてお互いに声をかけあっていたので、その不安は解消できました。


#ダンス(クラシックバレエ)をはじめてみて

――社会人になって改めてバレエを始めてどうでした?

8年ぶりたったので、体力的に落ちたことと、技術的にもできなくなっていることがあり、ショックが結構大きかったですね。でも、やっている間は仕事とか家のことを忘れられて、やっぱり楽しいなとも思いました。


――8年のブランクは大きいですよね。体力を戻すためにされたことはありますか?

ランニングをしてました。大学生の頃も1日3~14kmくらい走っていましたが、社会人になってからは、上野からスカイツリーまで往復する、みたいなことをやっていました。浅草も通るので、お参りして戻ってくるんです。週3~4日、深夜に走ってましたね。


#しゅみ女子一問一答

――バレエってお金がかかるイメージがあります…。

週1日だと、月1万円以内なので、そんなにかかりませんよ。発表会があると、練習のためのスタジオ代がかかったり、その度に綺麗なトゥシューズやタイツを新調したり、化粧品を変えたりする必要があります。発表会があるかどうか、参加必須かどうかは、入会する前に確認したほうが良いかもしれません。地元の小さいスタジオとかだと発表会に参加必須のところも多いので、おすすめはオープンクラスのスタジオですね。


――きほ先輩のおすすめは発表会がないところですか?

発表会があるところのほうが絶対良いです!人に見てもらったり衣装を着たりするのは目標になりますしモチベーションも上がります。私は発表会に参加必須でないところに通っていますが、2年に1回くらい参加しています。発表会の形式も、みんなで踊るところもあれば、1人1曲踊るところもあって、初めての人なら1人でステージに立つのは緊張すると思うので、みんなで踊るところが良いと思います。


――周りになじめるかどうか不安です。

スタジオに通うなら、まずは見学に行ってみてください。自分と同じ年代の人がいるか、わからないことを聞きやすい雰囲気か、先生との相性などを見ると良いです。見学後に勧誘はされるので、嫌なときははっきり断りましょう。


――仕事が忙しくて、コンスタントに通えない気がします…。

私も通えなかった時期はあります。以前通っていたスタジオは月謝制だったんですが、1ヶ月に1回しか通えなかった月もあって月謝がもったいないし、一度行かなくなると、次もなかなか行けなくなりますよね。月謝でなく、チケット制のスタジオもあるので、融通がきくスタジオに通うと良いと思います。


――体が固くて…ついていけるでしょうか。

やっているうちに柔らかくなりますよ。初心者向け、初級、中級…とクラスが分かれているので心配ないです。初心者向けはシューズをはいて、バーにつかまって、体重の乗せ方や、プリエという膝を曲げていく技法などを練習します。未経験の方や、年配の男性、こどもを産んでから始められた女性なども来ていますよ。


――専門用語がたくさんありますよね?とても難しそうです。

バレエ用語、技の名前などはありますね。でも初心者向けのコースなら、振りを見せてくれた後、動くときにも先生が用語の意味も解説してくれるので大丈夫です。


ダンス(バレエ)に興味があるしゅみ女子にひとこと

バレエの楽しさはやっぱり自分を表現できることです。発表会でも練習でも、綺麗に見せたいと思って、できた時は達成感を感じますし、表現できた時は嬉しいですね。やっている時は集中できて、いろんなことを忘れられるのも良いです。


初めてやる方は、まずは見学に行ってみてください。やってみたいな、こういうところだと頑張れるかな、と思えたら始めてみて、やってみたらどんな良いことがあるかなというのがわかってくるとモチベーションも上がると思います!


しゅみ女子編集部
しゅみ女子編集部

趣味を持って、さらに豊かな人生を。 女性の毎日がよりHappyになるような趣味さがしをお手伝いします。