しゅみ女子

  • HOME
  • >
  • アニメ
  • >
  • 【耳から入るアニメ入門】音源も欲しくなる!音楽が魅力的なアニメ
アニメ

【耳から入るアニメ入門】音源も欲しくなる!音楽が魅力的なアニメ

インドア

アニメの世界観を作る要素で、あまり表に出ていないけれど、重要な役割を果たしているのが“音楽”です。主題歌はもちろん、サウンドトラックなどに収録される劇中音楽もアニメのシーンを盛り上げる立役者。でも、その作品のためだけに作られる楽曲の多くは、アニメを観なければ知る機会も少ないでしょう。今回は耳から入るアニメ入門として、「音源が欲しい!」と思ってしまう、そんな作品をご紹介します。
音楽

音楽で濃厚な青春『響け!ユーフォニアム』


出典:KyoaniChannel
甲子園のグラウンド以上に応援スタンドで鳴り響く音楽や、文化祭の吹奏楽部のステージに心を奪われたという経験をお持ちのあなたは、『響け!ユーフォニアム』を観てみませんか?

姉の影響で小学4年生の頃からユーフォニアムに親しんできた主人公・黄前久美子は、吹奏楽部への入部をためらっていました。しかも中学時代、何気なく放った「本気で全国行けると思ってたの?」という一言で怒りを買った高坂麗奈の姿を部活見学の音楽室でみかけ、さらに渋っていたところ、クラスメイトの加藤夏月と川島緑輝の誘いに乗せられるがまま入部することになります。
久美子の入部した北宇治高校吹奏楽部の合奏レベルは、お世辞にも上手いと言えません。その合奏の下手さが妙にリアルで、「これからこの合奏がどう化けるのか」と期待値を高めてくれるのです。実際に新顧問の滝昇からの無茶振りを乗り越えたり、コンクールに向け必死に練習を重ねていったりするうちに、素人耳にも分かるくらい合奏が上達していくので、音の成長過程を楽しめる作品だと思います。

また音楽はもちろん、これまでの楽しい部活動というスタイルを捨て、ただひたすらに「全国」を目指し努力を重ねる吹奏楽部部員たちの成長の描かれ方も素晴らしい!

“悔しくて、死にそう”
というセリフがあります。このセリフだけで、キャラクターたちがどれだけ演奏に本気なのか、全国という夢を現実に変えようと努力しているのかがジンジン伝わってくるはずです。譜面にぎっしり書き込まれた手書きのコメントなどの細かい部分も表現されていて、高校生たちの青春がギュッと凝縮されているかのよう。
放課後の校舎を思い出す、吹奏楽部の響き。ちょっとぎこちない音すらもなんだか愛おしい景色として思い浮かぶ、そんな素敵な作品です。

音と意気投合『心が叫びたがってるんだ。』

こちらの記事でもご紹介した『心が叫びたがってるんだ。』も、音楽を存分に楽しめる作品です。オリジナルのミュージカルをきっかけに、キャラクターがそれぞれの心の蓋を開き、新たな繋がりを生み出していく物語が描かれています。

この作品の一番の山場は、記事でも紹介したようにミュージカルシーンと言っても過言ではありません。アレンジされた楽曲は新鮮なのにどこか懐かしさを感じる、一度聴いたら耳から離れない、そんな魔力を持った楽曲のような気さえします。
さらにおすすめしたいのが、劇伴と呼ばれるアニメのシーンを彩る劇中音楽です。シーンを象徴するタイトルがつけられた楽曲たちは、キャラクターたちの表情や動き、風景と意気投合したかのようにリンクしているのです。

ぜひこれから『心が叫びたがってるんだ。』を観るという方は、あらゆるシーンで流れる音楽にも耳を傾けてみてください。曲名当てをしても面白いかも!!

音と体は一体『ユーリ!!! on ICE』

フィギュアスケートのグランプリシリーズまでの道のりを描いた『ユーリ!!!on ICE』も、音楽で耳が幸せいっぱいになれるアニメです。

フィギュアスケートといえば、本田真凜選手が衝撃的な楽曲に出会い滑る予定だったプログラムを変更したというニュースが流れました。選手が予定を変更してまで、楽曲でプログラムを変えるという決断をするほど、フィギュアスケートと音楽は切っても切れない関係ということを示すニュースでもあるといえるのではないでしょうか。
『ユーリ!!! on ICE』でも音楽はとても重要な立ち位置にあると思います。まず、各選手の良さを引き出し、体現する楽曲が美しい!同じ楽曲で違うバリエーションの楽曲や大好きで憧れていた曲、その人の人生を描くオリジナル曲など、プログラムを構成する音楽がスケーターの“人となり”と強く結びつき、その選手にしか滑れない楽曲になっていると感じるのです。


出典:avex pictures

主人公勝生勇利がフリースケーティングで使用する、“愛”をテーマに己のスケート人生をイメージして作ってもらった『YURI on ICE』という楽曲は、アニメ放送中4回流れました。あらゆる思いを胸に、状況の異なるそれぞれの大会で確実に完成度を高めていく勇利なりの“愛”の演技。グランプリファイナルで魅せた彼の“愛”を見れば、家でスタンディングオベーション間違いなしです。

私はこれまで、フィギュアスケートを、“ジャンプでこけない”とか“ステップで躓かない”とか「失敗しないで~」という技術面でしか観ていなかったことをこの作品をみて恥じました。音楽と体がひとつになることで、音楽が目に見える美しい形に進化するのかと感動を覚える作品だと言えそうです。

音楽だけでなく、ジャンプ・ステップなどの動きや氷の削れる効果音なども、まるでリアルなスケートを観ているかのよう。オンとオフのギャップが面白く魅力的なキャラクターたちもとっても魅力的なので、ぜひご覧ください!

音楽からアニメにハマるのもアリ!

今回私が皆さんにお伝えしたかったのは、「アニメにもいい音楽がたくさんあるよ!」ということです。主題歌以外でヒットチャートを賑わす曲はほとんどないと思いますが、隠れた名曲がアニメには本当にたくさん詰まっています。

最近のヒットチャートに飽きた方!
ちょっと新規開拓したい方!
とにかく音楽が大好きな方!

アニメでいい音楽見つけませんか?いい音楽を知ると、その作品にも惹き込まれるかも。

クリス
クリス

子どものころ習い事に明け暮れたせいで、まともにアニメが観れなかった反動なのでしょうか。 大人になった今、週末はもっぱら、撮りだめたアニメを見続けて一日が終わります。 福岡在住のため、基本BSでしか観れないことにもどかしさを感じています。 アニメのお供はコーヒーとチョコ。