しゅみ女子

  • HOME
  • >
  • アニメ
  • >
  • 家で過ごす休日のお供に、日常アニメはいかがですか?
アニメ

家で過ごす休日のお供に、日常アニメはいかがですか?

インドア

しゅみ女子読者の皆さま、今週も忙しい毎日、お疲れ様でした。疲れ果てたときの休日は家で過ごしたい!と思う方も少なくないのでは?そんな家で過ごす休日をこよなく愛する皆さんの良き相棒として“日常アニメ”を提案させてください。

ソファで寝転がって観るもよし、溜まった家事をしながら観るもよしの日常アニメをご紹介します!
平日漫画

ほのぼの、癒され『のんのんびより』


出典:mediafactory
目の前に広がるのどかな風景に心がほっとする。そんな感覚を得られる作品が『のんのんびより』です。

『のんのんびより』では、小1から中3までが1クラスで学ぶ旭丘分校に通う子どもたちの、穏やかでゆったりとした日常が描かれています。牛横断注意の標識や2時間に1本しかやってこないバス、家の鍵は見かけたことすらないなど “これぞ田舎” 感が満載!物に満ち溢れていなくても、子どもたちがのびのびと毎日を過ごしている姿に、不思議と心の豊かさを感じられる作品です。
ご覧になる場合はまず、第1話の冒頭に流れる音楽に耳を澄ましてみてください。たまに音を外すリコーダーの音色が、あなたの心の懐かしい風景を思い起こさせるはずです。そして、咲いている草花や流れる川、広がる田んぼ、移りゆく季節などの風景描写の美しさに息を飲むと思います。

物語自体はのんびりと進んでいきます。大きな起伏のあるストーリーではありませんが、全身をゆっくり労りたい時に観ると、じんわりと心に温かさが染み渡ります。忙しすぎて最近荒んでるという方にぜひともおすすめしたいアニメです。

のんのんびより 公式サイト

こんな男子いたなあ…『男子高校生の日常』

青春時代、あまり覗き見ることのできなかった男子の生態に迫ることができる『男子高校生の日常』も、休日にダラ~っとソファに寝転がって観る作品としておすすめします。

○×県立真田北高校に通うタダクニ・ヒデノリ・ヨシタケら男子高校生たちの身の回りで起こる何気ない(変な)日常を描いた作品です。男子校を舞台にしているので、熱い男の友情のようなものを期待されるかもしれませんが、特にそのような展開はありません。でもクスッと笑えて、「クラスにこんな男子いたわ」と思えるような男子高校生の日常が、テンポのよさとゆるさの絶妙なバランスで描かれているので、肩の力を抜いて観ることができます。
真田北高校は男子校ですが、周りに女子校や共学もあるので女子高校生も出てきます。この女子高校生たちもまた、男子高校生たちもタジタジになってしまうほどの強烈なキャラクターが揃っています。なんだか昔の自分を見ているような気すらするかも…。

さらに、物語のゆるい感じを磨き上げるのは、オープニング・エンディング後の提供部分です。「ご覧の提供でお送りしました」の豊かなバリエーションもアニメの一部なので、最初から最後まで見逃せない作品になっていると思います。提供横の帯にたまに出てくる制作スタッフの本音もアニメの面白さを引き立てています。普段なら見送ってしまう細かい部分も楽しんでみては?

男子高校生の日常 公式サイト

一人遊び職人に見惚れる『となりの関くん』


出典:mediafactory
職人の仕事に魅入ってしまうことってありませんか?そんな職人技にのめり込むあなたにおすすめのアニメが『となりの関くん』です。

主人公の関くんは、授業中机の上で一人遊びを繰り広げる、いわゆるサボり魔。将棋に編み物、ロボット家族に登山、消しゴム印づくりなど、ノートの落書きレベルではない徹底したサボりに、となりの席に座る横井さんは気が気でない様子です。関くんの本格的な一人遊びの日常を、横井さんと一緒に見守るためのアニメといえるでしょう。
関くんの職人技ともとれる机上の遊びの数々は、観ている私たちもワクワクさせてくれます。「今日はどんな遊びを繰り広げるのかな」「そういう遊び方もあるのか!」という驚きの連続です。なにより関くんはどの遊びもとことん極めています。ひとつひとつの遊びにどれだけの準備と思考を巡らせ、学校にやってきているのか想像するのも楽しいのです。

また、遊びが一段落した関くんの顔がとても魅力的!一仕事終えた男のかっこよさすら感じさせる表情に、観ているこちらも達成感を味わえるのです。1話が約10分なので、休日の家事の息抜きにもってこいの作品だと思います。ご覧になる際は、エンディングも必ずチェックしてくださいね。「遊びの延長がこうもかっこよくなるのか!」と驚くと思います。

となりの関くん 公式サイト

日常アニメで、ゆる~い休日を

holidayanime2
日常アニメのいいところは、何も考えずに観られるという部分にあると思います。ストーリーの伏線を回収する必要も無ければ、登場人物の相関図をイメージする必要もありません。私も、日常アニメを観る時はソファに寝転がりながら観るときもあれば、別のことをしながら観ることもあります。つまり、日常に上手く溶け込むのが“日常アニメ”だと思うのです。

今週の休日は、深く考えず心穏やかに観られる日常アニメを観ながら過ごしてみませんか?

クリス
クリス

子どものころ習い事に明け暮れたせいで、まともにアニメが観れなかった反動なのでしょうか。 大人になった今、週末はもっぱら、撮りだめたアニメを見続けて一日が終わります。 福岡在住のため、基本BSでしか観れないことにもどかしさを感じています。 アニメのお供はコーヒーとチョコ。