しゅみ女子

  • HOME
  • >
  • アニメ
  • >
  • この夏、“恋と嘘”で描かれる禁断の恋物語から目が離せない!
アニメ

この夏、“恋と嘘”で描かれる禁断の恋物語から目が離せない!

2017年8月13日 インドア

夏真っ盛りの毎日ですね。夏といえば花火大会や海、夏フェスなどのイベントが盛り沢山ですよね。また、これらのイベントって、恋愛フラグ立ちまくってるんですよね。あちこちで。でもそんなイベント関係ないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。とはいえ、ちょっとくらい胸を“キュン”と鳴らしたくありませんか?今回は、この夏の“胸キュン”を届けてくれるであろうアニメ“恋と嘘”についてご紹介します。

“恋と嘘”とは?

原作はマンガアプリで絶大な人気を誇る作品

“恋と嘘”は、マンガアプリ“マンガボックス”にて大人気連載中のマンガのアニメ化作品です。連載直後から注目を集め、マンガボックスの看板作品となり、単行本化もされ、重版を重ねるほどの人気を誇っています。また2017年の秋には、森川葵さん主演のアナザーストーリーとして実写映画化されることが決まっています。
ちなみにアニメ化は、原作者のムサヲ先生の長年の夢でもあったそうです。

普通の高校生の恋愛物語…ではない


メインで描かれるのは高校生の恋愛模様です。もどかしさの中にも、甘酸っぱさがふんだんに盛り込まれたラブストーリー…というだけではありません。

この物語には、満16際以上の男女に少子化対策の一環として、遺伝子情報などの科学的根拠を基に相性がいいと認められた相手との結婚を余儀なくされる、“超・少子化対策基本法”が適用されるという近未来の設定があります。“科学的に幸せになれると政府に決められた相手”との結婚が多くの人に受け入れられている異常な世界において、“心から好きな相手”がいる主人公の根島由佳吏(ねじまゆかり)や、彼を取り巻く登場人物たちの儚くも激しく揺れ動く恋心が、繊細に描かれています。

アニメ“恋と嘘”の見どころ

恋愛禁止の世界における高校生たちの恋心の行方

恋と嘘_1
まず大きな見どころとして、“心から好きな人”と“科学の赤い糸で結ばれた運命の人”のどちらを選択するかどうかが挙げられます。主人公の根島由佳吏は、ヒロイン高崎美咲への、長年温めていた嘘偽りのない恋心を持っています。しかもその恋心は16歳になる直前に、実は両想いだったと知るのです。それが法律によって邪魔されると知っていても、走り出した気持ちは止められるわけありません。

政府の言うとおり“未来の幸せを作れる相手”を選ぶのか、政府に背いてでも“今の幸せを作れる相手”を選ぶのか、主人公をはじめ、キャラクターたちの選んでいく恋心の行方から目が話せそうにありません。

アニメーションでさらにドキドキが高まる!

恋愛において、ドキドキしてしまう瞬間は人それぞれあると思います。原作の“恋と嘘”では、恋愛におけるあらゆるドキドキシーンが、丁寧に描かれています。そのドキドキシーンがアニメ化され、声優さんが、キャラクターに声という命を吹き込み、効果音や表情の動きなどもあわさるので、さらにドキドキが高まってしまいそうです。キャラクターの息遣いなど、漫画では味わえない部分を体験できると思います。

とにかく繊細でかわいい作画


“恋と嘘”は少年漫画です。私は最初見たときに少年漫画だと思ってなかったので、店頭で探すのに手間取ったほどです。なぜそう思ったのかというと、絵がとにかくかわいいからです。線のタッチや目の質感が少年漫画ではなかなか見られないものな上、“トゥンク”と胸が弾んでしまうようなラブストーリーなので、高校生の頃少女漫画にのめり込んだときのような感覚に近いものがあると思います。

そして、アニメのキャラクターデザインも、原作に負けないくらいの可愛さが爆発しています。予告を観ただけでも、キラキラした瞳の少女たちの表情に、ドキドキさせられます。また、作中で女子に絶大な人気を誇る美少年、仁坂悠介が、これまた非の打ち所のないようなクールなイケメンなんです。繊細なタッチで描かれる美男美女が画面にあふれているので、目の癒しにもなるのではないでしょうか。

なんだか恋したくなる“恋と嘘”で夏の胸キュンしませんか?

「今さら、高校生の恋愛ストーリーでときめくわけない」とお思いの方もいらっしゃるでしょう。私も原作を読み始めた頃はそう思っていました。でも、読み進めるうちに、法律という高い壁のある恋愛に、正面から突き進んでいく少年少女の物語にハマってしまいました。

複雑な物語背景のなか、本当の恋に向き合うキャラクターたちの姿をみたら、夏のイベントに行かずとも、“胸キュン”を味わえるはずです。また、観終わったあとはきっとあの頃の恋心を思い出し、「恋したいな」「恋っていいな」と思ってしまう、そんな作品だと思います。

「最近胸キュン・ドキドキ不足だなあ…」と感じている方は、まずは1話を観てみませんか?

クリス
クリス

子どものころ習い事に明け暮れたせいで、まともにアニメが観れなかった反動なのでしょうか。 大人になった今、週末はもっぱら、撮りだめたアニメを見続けて一日が終わります。 福岡在住のため、基本BSでしか観れないことにもどかしさを感じています。 アニメのお供はコーヒーとチョコ。