しゅみ女子

  • HOME
  • >
  • アニメ
  • >
  • 『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』で観る夏の恋模様
アニメ

『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』で観る夏の恋模様

インドア

皆さんは、何か今年の夏の思い出を残せましたか?もしまだだという方がいらっしゃるようでしたら、夏を締めくくるにふさわしいアニメ映画があります!今回はこの夏イチ、夏の美しさと儚さを丁寧に描く『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』の魅力をご紹介します。
打ち上げ花火_1

『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』とは?

テレビドラマをアニメでリメイク

『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』は、1993年にフジテレビで放送された『if もしも』というオムニバスドラマの中の1話です。『Love Letter』『リリィ・シュシュのすべて』『花とアリス』などで知られる岩井俊二監督作品で、テレビドラマでは非常に珍しい“日本映画監督協会新人賞”を受賞した作品でもあります。そして今回、この映像作品が長編劇場アニメとして描かれることになりました。

今回のアニメ化に際し、原作のドラマの世界観を大事にしつつ、原作ドラマで描かれなかったアニメオリジナルのストーリーも組み込んだリメイク作品になっているそうです。

恋を行方を左右する、「もしも…」の世界


出典:東宝MOVIEチャンネル

物語の舞台は、海辺の小さな田舎町“茂下町”。その町で起こる、少年少女の“繰り返す夏休みの1日”を描いた作品です。主人公の典道は、ヒロインのなずなに密かな恋心を抱いていますが、思春期真っ盛りの中学生ということもあり、気持ちを伝えるなんて恥ずかしくてたまらないご様子。でも、“茂下町”の花火大会が開催されるその日、二人の間に変化が訪れます。

想いを寄せるなずなを目の前にし、「もしも、あの時…」という典道の願いが形となった時、二人の少年少女の間になにが起こるのか、目が離せない作品になっているようです。
少年少女たちのあどけなく、ちょっと危なっかしさをはらんだ表情にも注目です!

夏ならではの美しさに息をのむ

なにより、予告の映像の美しさには息をのみます。青い空、雄大に広がる雲、日光がキラキラと反射する海、そして夜には花火が咲き誇る夏ならではの美しい景色。キラキラとまばゆい夏特有の雰囲気が、映像を通してビシビシと伝わってきませんか?いろんな顔を持つ夏の美しさも堪能できる作品だと思います。

原作を愛する豪華制作陣が勢ぞろい

『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』が注目される理由の1つに、制作陣の豪華さが挙げられます。

まずは、『魔法少女まどか☆マギカ』や『<物語>シリーズ』、『3月のライオン』などのアニメ作品を手掛けてきた新房昭之さんが総監督を務めます。さらに脚本には『モテキ』『バクマン。』でメガホンをとった大根仁さん、プロデューサーには『電車男』や『君の名は。』のヒットメーカーとしても名高い川村元気さんが名を連ねています。そして、新房監督と数多くのアニメ作品を作ってきたシャフトが制作会社として参画。つまり、超強力タッグで作られる作品とも言えるのです!

さらに脚本の大根仁さんは、自身が監督した『モテキ』で本作をほぼ完璧にオマージュしてしまうほどのファンで、リメイクする必要性を感じていなかったそう。でも、参加するクリエイターの面々を聞いた時に、『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』をアニメというアプローチで新しく作ってみたいと興奮しながら脚本を書いたのだとか。原作を愛し、新しい境地にチャレンジするクリエイターが生み出す作品に期待はますます高まります。

贅沢すぎるキャスト

キャラクターに命を吹き込む声優さんもアニメ作品の重要な要素の1つです。アニメ『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』の声優陣も、これまた非常に豪華なのです。

主要キャストには若手俳優と実力派声優

ヒロインの美少女、及川なずなの声を担当するのは、女優としての活躍のめざましさだけでなく、『バケモノの子』で声優も経験している広瀬すずさん。さらに、数々の映画作品に出演し、幅広い演技力に定評のある菅田将暉さんが主人公・島田典道に声をあてます。そして典道のライバル・安曇祐介を、アニメ、吹き替え問わず数々の作品で活躍する実力派声優宮野真守さんが担当します。

声を聞き漏らしたくない!豪華声優陣

メインキャラクターだけでもこんなに豪華なのに、脇を固めるキャラクターの声優さんも豪華なのです。
『アナと雪の女王』の日本語吹き替えで声優としてのキャリアにも磨きをかけた松たか子さんが、なずなの母親の声を担当しています。また典道たちの同級生である純一、和弘、稔にはそれぞれ、『四畳半神話大系』の私役などを務めた浅沼晋太郎さん、『ユーリ‼! on ICE』の勝生勇利役などを担当した豊永利行さん、『進撃の巨人』エレン・イェーガー役で知られる梶裕貴さんが声を吹き込みます。

さらに、なずな母の再婚相手に三木眞一郎さん、中学校の先生に花澤香菜さん、櫻井孝宏さん、典道の両親に根谷美智子さん、飛田展男さん、祐介の父に宮本充さん、花火師に立木文彦さんという豪華な名前が並びます。

こんなに豪華でいいのでしょうか…!?物語の面白さはもちろん、声や息づかいひとつも聞き漏らすことが出来ない贅沢なアニメ作品だと思います。

凝縮された夏のときめきをぜひ映画館で!

“繰り返す夏休みの1日 何度でも君に恋をする”

この映画のコピーからどんな物語が想像しましたか?私は原作の小説を読んだので結末はわかってはいるのですが、映像作品になった時にどのような演出がされるのか、今からとても楽しみにしています。また、制作陣の方もファンだという原作ドラマも観てみようと思っています。

青くまぶしい夏の風景、夜空に咲く美しく儚い花火、そして少年少女たちの揺れ動く想い。『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』には、夏の思い出やときめきがギュッと凝縮されていると思います。夏休みの締めくくりの1本にいかがでしょうか?

クリス
クリス

子どものころ習い事に明け暮れたせいで、まともにアニメが観れなかった反動なのでしょうか。 大人になった今、週末はもっぱら、撮りだめたアニメを見続けて一日が終わります。 福岡在住のため、基本BSでしか観れないことにもどかしさを感じています。 アニメのお供はコーヒーとチョコ。