しゅみ女子

  • HOME
  • >
  • DIY
  • >
  • DIY初心者におくる「DIYのメリット」とは
DIY

DIY初心者におくる「DIYのメリット」とは

2017年4月16日 体を動かす脳を動かす

昔は「日曜大工」というと、休みの日にお父さんが棚や犬小屋などを一生懸命作るイメージがありましたが、最近では、趣味として自分で好みのインテリアなどを作る女性も増えてきました。今回は、DIYを趣味として挑戦してみたくなる、DIYのメリットをお届けします!


そもそもDIYって何のこと?

DIYとは”Do It Yourself”の略語で、専門家に頼らず、自分の力で身の回りの物を作ったり修繕するという概念の事です。


今は壁を塗り替えたり修繕したりという大掛かりなものから、アクセサリー収納ケースのような小物づくりまで、広い意味でDIYと呼ばれています。近頃では男性だけでなく女性も、自分好みのインテリアや家具などを自作する方が増えており、女性の手先の器用さとセンスの良さで、プロ顔負けのDIYをしてしまう人も沢山います。


DIYのメリットとは?

自分好みのインテリアや家具が作れる

ずばり、DIYの一番のメリットはこれではないでしょうか。自分が欲しい家具やインテリアのイメージがはっきりと決まっている時、そのイメージ通りのものを既製品で探すのはなかなか難しく、結果的に多少は妥協しなければならなくなってしまうと思います。しかし、DIYならば、自分の思い通りのものが作れるので、満足度も高くなるはずです。


自分で作ったものなのだからこそ、愛着がわく

自分が一から一生懸命作ったものって、購入しただけの既製品とは違った愛着感がわくと思います。少々不格好であっても、それが味に見えてきてしまうのも不思議なところですよね。DIYも回数を重ねればどんどん進化していきますので、自分の手掛けた歴代の作品を見ていると、成長の目安になって面白いかもしれません。


お金の節約になる

自然発生したDIYのメリットは、やはり「経費を節約できる」というところだったと思います。材料費だけで済んでしまうので、業者に頼んだり既製品を購入するよりもかなりお得になります。あまりハードルの高すぎるものだと、失敗してしまう恐れもありますが、ちょっとした修繕や小物なら、DIYで済ませてしまう方が節約になるかもしれません。


家具に統一感を出すことが出来る

部屋のカラーやデザインなどに合った家具やインテリアを見つけるのは、なかなか難しい場合もあると思います。もし気に入ったものがあっても、「サイズが合わず置き場所にはまらない」というのもよくあるパターンだと思います。DIYなら、自分で作りたいサイズのものを作れるので、部屋のデザインを崩すことなく、統一感を出せるのではないでしょうか?


達成感を得ることが出来る

DIYには、見た目や金銭的なメリットもありますが、精神面でもメリットがあります。子供の頃とは違い、大人になるとなかなか日常で達成感を得ることは難しくなって来ますが、DIYで自分の思い通りのインテリアを作り上げた時には、それなりの達成感を得ることが出来ると思います。何か一つのことに集中することで、ストレス解消にもなるのでおすすめです。


オンリーワンのものが出来る

「誰も持っていないものが欲しい!」という方にはDIYがおすすめです。インテリアや家具で一点ものといえば、職人さんの手間賃も加算されるので、かなりの価値が付き高額になってしまいますが、自分で作ればその点はフリーです。世界に一つだけの、自慢の家具やインテリアを持つことが出来ます。


エコにもなる

使用していない家具やインテリアをリメイクしたり、家にある素材を利用してDIYすることで、材料費を節約できるだけではなく、ゴミを出さずにすむので自然に優しく出来ます。使用していないインテリアや家具などは、ひとまず分解して、DIYに使用するための材料としてストックしておいても良いと思います。


チェックしよう!DIYのデメリット

お得でメリットしかないように思えるDIYにも、やはりデメリットは存在します。確かに材料費のみでお金の節約にはなりますが、自分で作業すれば、それだけ時間を使うことになります。素人が作るので、強度がいまいちであったり、後々思わぬところで支障が出てくる可能性もあります。そのあたりを見越したうえで、自分が確実に作れるものをチョイスするというのも、DIYと上手く付き合うコツかもしれません。


DIYで失敗しないために

アレもコレも作ってみたい!と思ってしまうかもしれませんが、最初は失敗しにくい小物づくりから始めることをおすすめします。大きく体力がいるものや、テクニックを必要とするものに挑戦すると、想像通りに出来ずに途中で挫折してしまう可能性もあります。そうなると、結果的に無駄な出費になってしまうので、最後まで作り上げられるという余裕のあるものを選ぶようにしましょう。


また、正確にサイズを測らず、雑に作ってしまったために、安定感が悪かったり扉が閉じなかったりという失敗も、DIY初心者には多いようです。設計図がなく完全オリジナルで何かを作る場合は、事前に設計図を書いてみてから始めるのも、DIYには大切なことです。


しゅみ女子編集部
しゅみ女子編集部

趣味を持って、さらに豊かな人生を。 女性の毎日がよりHappyになるような趣味さがしをお手伝いします。