しゅみ女子

  • HOME
  • >
  • 映画
  • >
  • 映画『ジョジョの奇妙な冒険』もう観た?イケメン俳優の演技を見逃すな!
映画

映画『ジョジョの奇妙な冒険』もう観た?イケメン俳優の演技を見逃すな!

インドアおでかけ

上映中の『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』(以下:『ジョジョ』)。山﨑賢人さん主演、神木隆之介さんや岡田将生さんらイケメン俳優が、大人気漫画の実写化に挑んでいます。「原作を知らない」、逆に「原作ファンだから!」という方も、俳優さんのお芝居に注目してみてはいかがでしょうか。きっと違う楽しみ方ができるはずです。今回は映画でみせたそれぞれのイケメンポイントを、筆者の独断と偏見でご紹介します。

『ジョジョの奇妙な冒険』とは?

1987年から週刊少年ジャンプで連載が開始され、現在もウルトラジャンプで連載中の荒木飛呂彦先生の大人気漫画です。現在、第8部が連載中となっています。シリーズ累計100巻を超えており、テレビアニメや劇場版アニメ、小説、ゲームなど様々なジャンルで人気を誇っています。

そして、映画3部作(現時点では第三章までを予定)で実写化されることになりました。現在公開中の第一章は、原作としては第4部の部分になります。パートごとに主人公が異なりますが、第4部は山﨑賢人さん演じる東方仗助が主人公です。『ジョジョ』は、ジョースター一族が中心となって、数世紀にわたって戦う大河群像劇です。作品全体のテーマは「人間賛歌」。戦いによって深める絆や、強敵との闘いを描いています。

主要キャスト6名のイケメンポイントに注目して

山﨑賢人 (東方仗助 通称:ジョジョ役)


まずは、主役の山﨑賢人さん。漫画原作の作品も多数演じていらっしゃいますが、『L・DK』や『ヒロイン失格』、『オオカミ少女と黒王子』、今年に入ってからは『一週間フレンズ。』などの青春恋愛モノが多い印象です。今回は、リーゼントヘアに挑戦したりと、ビジュアル面でも今までとは違います。とはいえ、イケメンぶりは健在で、女性も楽しめる映画になっていました。

特に今回は、ストーリー上CGがとても多く、おそらくお芝居をする段階ではある程度想像しながらの演技だったと思います。それでも不自然さが気にならずに、作品に集中していられたのは山﨑賢人さんの力です。声も、普段よりはトーンを落としているように感じます。太くてゆるぎのない性格を声でも表現していたので、ぜひその点も注目してみてください!

神木隆之介 (広瀬康一役)


山﨑賢人さんと共に戦うシーンもあり、一緒に登場している場面が多かったのが神木隆之介さんです。今年は、映画『3月のライオン』(前後編)に主演していましたが、演じた主役・桐山零とはまったくの別人。それはもちろん当然のことなのですが、同じ役者が演じたとは信じがたいほど、はっきりと演じ分けをされていました。

とはいえ、キャラクターとしては共通点もあるように感じました。気弱であること、ある場面で豹変できること、弱そうにみえて芯の強さがあることなどです。今回の『ジョジョ』は第1章ということもあって、とくに神木隆之介さんが演じたキャラクターについては、まだこれからだなと期待できます。可愛らしさと、強さを併せ持ったお芝居に注目です。

岡田将生 (虹村形兆役)


山﨑賢人さんや神木隆之介さんとは敵対するキャラクターを演じていますが、それにも理由があって、決して憎めない役どころです。今年4月期の連続ドラマ『小さな巨人』(TBS)に出演されていたときは、カッチリとしたエリートで硬派なキャラクターを演じていました。
どこか冷たい感じがする点では似ていますが、『ジョジョ』ではどちらかというと荒々しさが目立ちます。

何気なく鑑賞してしまうかもしれませんが、意外にも岡田将生さんが演じてきたキャラクターの中では珍しいのではないでしょうか。新たな一面が観られる作品になっているはずです。特に、矢を射るシーンが多いのですが、その立ち姿が様になっていて素敵です。

新田真剣佑 (虹村億泰役)


神木隆之介さん同様、ストーリー的にこれからだな、という風に感じたのが新田真剣佑さんが演じたキャラクターです。岡田将生さんが兄で兄弟でした。

バラエティ番組や雑誌のインタビューなどでみる新田さんは、しっかりと順序だてて話し、頭のよい印象を受ける方も多いと思いますが、今回演じたキャラクターは、思い立ったら後先考えずに行動してしまうタイプ。頭が良いとはいえません。そういう意味では、新たな一面をみることができる作品になっていますし、劇中では身体能力の高さを存分に堪能できますよ。

伊勢谷友介 (空条承太郎役)


仗助と血縁関係にあり、年上ながら仗助の甥にあたります。第1章ではそれほど素性が明らかになりませんでしたが、これからジョジョとも濃密に関わりあってきそうな予感です。今作での注目ポイントは、英語でのお芝居でしょうか。伊勢谷さんご自身は英語でのお芝居の経験もありますが、今回も光っていました。

山﨑賢人さんや神木隆之介さんらから比べると年齢も重ねているので、安心感と安定感が画面からしっかりと伝わってきます。

山田孝之 (片桐安十郎 通称:アンジェロ役)


これまでも奇抜なキャラクターが多かった山田孝之さんですが、今回もビジュアル、キャラクター性ともに奇抜でした。狂気的な殺人犯として、作品の冒頭の場面から出演されていました。不気味さが際立っています。歩き方や立ち居振る舞いなど全てにおいてキャラクターとして隙がないお芝居で、不気味ながら入り込んでしまう、画面からパワーを感じるお芝居でした。

実写版『ジョジョ』をぜひ劇場で!

『ジョジョ』はストーリーも設定も、初めて観る人にとってはかなり不思議な感じがします。筆者も原作未読でほとんど情報なしに鑑賞し、続編もあるということで、不可解な部分もいくつかありましたが、大画面で見てこその迫力があり、それぞれ俳優さんのお芝居が光っていました。続編は第3章まで予定されています。公開時期は未定ですが、『ジョジョ』作品に初めて触れるかたも、劇場で観て欲しい作品です。役者さんの新しい一面を発見できるかも。

kamito努(かみと ゆめ)
kamito努(かみと ゆめ)

かなりミーハーな映画好き。話題になった作品を中心に鑑賞しています。どちらかというと邦画が多め。テレビドラマやアニメ、舞台鑑賞も楽しんでいます。劇場での鑑賞は多くても月10本ほど。あとはネット配信サービスでの鑑賞にハマり中。好きなセリフはメモっておくのが自己流の鑑賞方法。