しゅみ女子

  • HOME
  • >
  • ギター
  • >
  • ギターが弾ける女になる!ギタ女への3ステップ
ギター

ギターが弾ける女になる!ギタ女への3ステップ

インドア

ギターで弾き語りをしている人の姿を見て「自分もギターを弾けるようになりたい!」と憧れることもあるでしょう。


ギターが弾ければ、大好きな曲が演奏できるだけではなく、ゆくゆくは自分で曲を作ることだってでき、可能性がどんどん広がるのではないでしょうか。ギターを弾く女性アーティストの人気が高まっている今、ギタ女へのファーストステップを踏み出してみませんか。


ギターを始めるなら目標を決めよう

ただ漠然と、ギターを弾けたらカッコイイという理由で、ギターを始めることがあるかもしれません。もしくは、自宅にギターがあるので、せっかくだから弾いてみようと興味を持つことだってあるでしょう。


ですがそのような場合、ギターの練習を始めようと思うものの、いったい何から手を付けて良いかわからないことが少なくありません。


もしも早くギターが上手に弾けるようになりたいと願うのなら、目標を定めると良いでしょう。大好きなアーティストや弾きたい曲があるでしょうか?もしあるなら、自分が弾きたい曲をギターで練習してみましょう。


教則本に沿ってギターの練習をすることもできますが、一度つまらないと感じてしまうと、練習を続けるのが苦痛になります。そのため、ギターで弾きたい曲を上手に弾けるようになるなど、具体的な目標を持つことは大切です。


また、ギターにはいくつか種類があるので、どんな曲を弾きたいかどんなスタイルの音楽を演奏したいのかにより、購入すべきギターは変わってきます。


ギターの種類を知ろう

主なギターの種類と特徴

エレキギター

エレキギターの正式名称はエレクトリック・ギターといい、弦の振動をピックアップというマイクで拾って電気信号に変え、アンプと呼ばれる音を増幅させる装置から音を出します。


アンプはスピーカーとは異なる装置ですが、エレキギターはアンプに接続しないと、頼りない音しか出せません。エレキギターを趣味として弾き始める場合には、ギター本体のほかにも、アンプやチューナーなどの付属品を購入する必要があります。


エレキギターに分類されるギターにも種類があり、ソリッドギター・フルアコースティックギター(フルアコ)・セミアコースティックギター(セミアコ)の3つのタイプがあります。フルアコやセミアコはサイズが大きく、女性には少々扱いにくいかもしれません。


エレキギター初心者であれば、ボディ内部に空洞のない構造のソリッドギターがお勧めです。


フォークギター

アンプに繋がなくても、ギター本体から十分な音量を出すことができるフォークギターは、アコースティックギターの一種です。実際には、クラシックギターもアコースティックギターの一種ですが、現在では、フォークギターのことを指してアコースティックギターと呼ぶ場合が多いと言えるでしょう。フォークギターを弾く際には、爪で弦を弾くフィンガーピッキング奏法と、ピックで弦を弾くピック奏法の両方で演奏されます。そのため、ピックガードがあるのが、クラシックギターとの大きな違いです。また、フォークギターはスチール弦を張っているため、クラシックギターよりも弦を押さえるのは簡単です。


エレクトリックアコースティックギター

エレクトリックアコースティックギターとは、フォークギターの内部に、マイクの役割を果たすピックアップと小型のプリアンプなどが内臓されているギターです。エレキギターのようにアンプに繋いで音を増幅させることができますが、エフェクトで音色が変わるエレキギターとは異なり、アンプから出る音はフォークギターそのままの音色です。アンプに繋がない場合でも、ふつうにフォークギターとして演奏が可能なので、多くのアーティストに愛用されています。


クラシックギター

クラシックギターはアコースティックギターの一種で、ナイロン製の弦や羊の腸からできたガット弦を張って演奏します。クラシックギターはダサいイメージがありますが、おしゃれなボサノバやジャズを演奏することができます。ただし、張りのある弦を指で押さえるのに力が要るので、「わたし、指の力があまりないんです」という女性には向いていないかもしれませんね。


ギターを購入するときに気をつけたいポイント

バンドが組みたいのか、一人でしっとりと弾き語りがしたいのか、そしてどんなスタイルの音楽を演奏するのかを決めたなら、早速ギターを購入しましょう。ギターを購入するにあたって、注意したいポイントをご紹介します。


エレキギターは種類によって音が違うことを知っておこう

バンドを組もう、ロックを演奏しようと思うなら、エレキギターを購入しましょう。しかし一概にエレキギターといっても、実は種類によって音が異なります。同じエレキギターでも、レスポールとストラトキャスターでは、奏でる音色が違うため、どんな音を奏でるギターが欲しいのかを考えつつギターを選ぶようにしましょう。もしも、エレキギター選びで悩むのであれば、自分の好きな曲の演奏で使用されているギターや、好きなアーティストが使っているギターを選ぶと良いかもしれません。


通信販売での購入は注意しよう

通信販売は、豊富な種類から比較的安価なギターを選ぶことができるので、楽器店が自宅近所にない人などにとっては非常にありがたい存在でしょう。ですが、繊細な楽器を購入する際には、どんなに便利でも通信販売はお勧めできません。楽器店に行ってギターを購入することに気後れする場合もあるでしょう。しかし、実際にギターを手に取り、触って試し弾きしてみないことには、自分にふさわしいギターかどうかを判別することは難しいものです。ギターの良し悪しなんてまだわからない初心者でも、楽器店に行けばスタッフにギター選びを手伝ってもらえるでしょう。


最初は見た目重視でも大丈夫

どんなギターを選べば良いかわからないなら、自分の直感を信じてギターを選んでみてはいかがでしょうか。自分が好きだと思えるギターなら、練習するのが楽しくなりますし、早く上手に弾けるようになりたいと思うものです。ギターに関する知識ももちろん必要ですが、最初は見た目重視でギターを選んだとしても、ギターの上達にそれほど影響はないでしょう。


まずは簡単な目標を

今回は、ギターの種類とギターを購入する時に気をつけたいポイントなどをご紹介しました。ギターが上手に弾けるようになりたいなら、具体的な目標を定めることが大切です。具体的な目標として、好きな曲を1曲弾けるようになることや、人前で演奏できるようになること、楽譜を見なくても弾けるようになることなどがあります。ギタ女の仲間入りをしたいなら、とにかくギターを触って練習に精を出すようにしましょう。


しゅみ女子編集部
しゅみ女子編集部

趣味を持って、さらに豊かな人生を。 女性の毎日がよりHappyになるような趣味さがしをお手伝いします。