しゅみ女子

  • HOME
  • >
  • ギター
  • >
  • ギターを始める女子必見!入門者・初心者にも優しいギターコード表と正しい押さえ方
ギター

ギターを始める女子必見!入門者・初心者にも優しいギターコード表と正しい押さえ方

脳を動かす

皆さん、ギターは弾いていますか。ギター歴数年となる私も日々、アコースティックギターを抱えて、コード表を確認しながら練習しています。やっぱり初心者の時の気持ちは忘れずに練習を重ねる事が大切ですよね。さて、今回はこれからギターを始めたい方、ギターを始めたばかりの初心者の方、もっと上手になりたい!という方などすべてのギター女子のために、ギター入門にぴったりのおすすめのコードのご紹介をいきます。目指せ!かっこいいギター女子!
ギターを始める女子必見!入門者・初心者にも優しいギターコード表と正しい押さえ方

1.ギターコードを押さえるコツと正しいフォーム

ギター初心者の方が、ギターコードを上手に押さえられない一番の理由は、ギターを構えた時の姿勢やフォームにあるといわれています。ギター入門者にとって、姿勢やフォームをきちんと押さえられているかどうかがコードをきれいに鳴らすポイントです。

座ってギターコードを押さえる時の姿勢

最初に、練習の際に座ってギターを弾くときの姿勢についてご説明していきます。まず、体の力を抜いてリラックス。少しだけ浅く椅子に腰かけましょう。ギターの持ち方は、体に対して平行に持つのではなく30度〜45度の角度をつけ、ネックを前に出すように持ちましょう。
ギターの構え方(正面)

背筋は軽く伸ばします。このとき、前かがみになり過ぎないように注意しましょう。 そして、力を抜き、自然にギターを構えてみましょう。いつでも、リラックスした姿勢を忘れずに。

また、アコースティックギターであれば、左足を上げ、ギターのへこみを左足に乗せ、ギターのお尻を右足に置く姿勢もあります。この姿勢は、もともとクラシックギターで用いられる構え方です。見た目からすると、エレキギターなどのロック演奏には向かないですが、安定する構えです。まずはこの姿勢でコードやギター演奏に慣れてみるのもよいでしょう。

座ってギターコードを押さえる時の姿勢

ギターを引く時のピックの押さえ方

次に大事なのは、フォームです。まずは、右手の使い方。指を使って演奏する時は、右手の手のひらに生タマゴを持っているようなイメージで、軽くこぶしを丸めます。これを意識することで、指とギター弦の距離が適度に離れ、ミスタッチが少なくなります。慣れないうちは、ちょっと違和感があるかもしれませんが、右手の中にタマゴを意識してみてください。
ピックの押さえ方

ピックを使う時は、右手の親指と人差し指でピックを挟んで演奏します。指から離れて飛んで行ってしまったり、指の中でクルクル回って弦にしっかりと当たらないなんてことも、ギター初心者あるあるです。ポイントは、ピックを握る指に力を入れ過ぎないこと。ピックに力が入りすぎると、ギターの響きが、とても硬くなって聞きづらい音になってしまいます。
ピックの押さえ方

ピックを握る時は、基本的には親指と人差し指以外は軽く握り込んでおきます。しかし、カッティングするときや、他の指でアルペジオをしたいときには、指を開いておくと便利です。あくまで基本は、握り込んでおくことですので、最初はきちんと慣らしていきましょう。

ギター初心者であれば、最初にピックを使って上から下へジャラーンと弾く練習をしてみましょう。また、ギターの練習にメトロノームを使うと、基本的なリズム感を養うことができます。メトロノームの音に合わせて、ジャラーンジャラーンと上から下へギターを弾き下ろす練習をしてみてください。慣れてくるにしたがって、ピックが飛んで行ってしまったり、クルクル回ることが少なくなってきます。基本かつ、素敵なギター演奏をするためには、とても大事なことです。もし、本格的なメトロノームがお手元になくても、スマホのアプリなどでダウンロードすることができます。

Fコードを押さえる時のポイント

ギター初心者が、ギター演奏を挫折する一番の理由となっているのが難関「F」コードです。「バレーコード」や「セーハ」とも呼ばれます。これを弾きこなすコツは、ひたすら練習することも大切なのですが、実は弾きやすくなるためのちょっとしたコツがあります。ギター初心者がつまずきがちなFコードですが、入門編としてやっていただきたいポイントは次の3つです。ぜひ意識しながら練習してみてください。
ギターの押さえ方

Fコード(セーハコード)のポイント1:ムリヤリ押さえるのはNG。コツをつかんでしっかりと

セーハをするときは、人差し指の力だけで無理やりに弦を押さえようとしないこと。親指を、人差し指よりも若干ネック側に置くようにします。親指が人差し指よりも左にくるようにするとよいでしょう。

Fコード(セーハコード)のポイント2:親指と人差し指でテコの力を使ってみよう

人差し指は、指の腹ではなく、親指よりの外側の部分で弦を押さえます。こうしてネックを握ることで、人差し指と親指の間でテコの原理が働きます。人差し指の力だけでは、どうしてもきれいな音が出なかったFコード(セーハコード)も、テコの力を利用すれば、かなり押さえやすくなってきますよ。

Fコード(セーハコード)のポイント3:女性の小さい手でも、セーハは出来る

弾くときに、ギターのネックの位置を若干前に持ってきてみてください。体と右手の距離が縮まるので、手首が返りやすくなります。その時、ギターを上に向けすぎると、手首の返しがやりにくくなるので、極力、上には向けないように注意しましょう。女性は手が小さく、握力も弱いので、男性よりもギターが弾きにくいと思いがちですが、以上のことを頭に入れておけば、実は、指が細い女性の方が、ギターの弦を正確に押さえることに向いています。慣れるまで、練習してみましょう。

まずは覚えたい4つの基本コード

ここからは、ギター初心者の方にぜひお勧めしたい基本コード、4つをご紹介します。

まずは覚えたい「C」「F」「G」「Am」

まず覚えていただきたいのが、「C」「F」「G」「Am」です。この4つのコードを弾くことが出来れば、一曲できてしまうくらい基本的なコードです。
基本コード表
ここでは、キーはCとしてご説明します。キーとは、簡単に言えば、曲の音程の基本のことです。今はあまり難しく考えずなくとも大丈夫です。チューナーの標準の音程に合わせてみてください。

スリーコードを弾いてみよう

キーCの曲のスリーコードは、「C」「F」「G」です。スリーコードとは簡単に説明するならば、この3つのコードで曲になるよ、というものです。世の中にある多くの曲は、このスリーコードを基本に作られています。
スリーコード
試しに、「C」「G」「C」や「C」「F」「G」「C」という順番で、ギターをジャラーンと鳴らしてみてください。なんだかちゃんと曲になっていませんか。ギター初心者女子は、まずはこの3つのコードを練習しましょう。難関「F」も、先ほどのコツを意識して頑張ってみてくださいね。

Amなどアレンジを加えた進行で弾いてみよう

そして、「Am」なのですが、このコードを使うと、曲に違った雰囲気が出せるようになります。

まず、「C」→「F」→「G」→「C」と弾いてみましょう。

cfgc

次に「C」→「F」→「G」→「Am」と変えて弾いてみてください。「Am」が加わることで、曲の響きに広がりが出てきますよね。
スリーコードAm

さらに、「C」→「F」→「G」→「Am」→「C」→「Am」→「F」→「C」というコード進行を試してみてはいかがでしょう。こんなコード進行でも、全く違和感がないと思います。ピッキングの練習やアルペジオの練習の時、この4つのコードを自由に使って演奏してみてくださいね!
cfgamc

演奏曲を増やすために!さらに覚えておくと便利なコード一覧

先ほどご紹介した4つのコードの他にも、覚えておくと便利なコードはたくさんあります。残念ながら、すべてというわけにはいきませんが、覚えておくとちょっとステキな気分になれる、かつギター初心者でも簡単に押さえられるコード表をご紹介します。※ここでも、キーはCとしておきます。

CM7(シーメジャーセブンス)

CM7
押さえるのがとっても簡単かつ、少しだけ不思議でちょっとアンニュイな響きのコードです。私もこのコードの響きが好きで、作曲時には頻発されます!

FM7(エフメジャーセブンス)

FM7(エフメジャーセブンス)

Fとはまた違った、広がりのある爽やかな響きが特徴。押さえ方も簡単ですが、鳴らしてはいけない弦があるので、指で軽く触れてミュートする練習をお忘れなく!

Dm7(ディーマイナーセブンス)

Dm7(ディーマイナーセブンス)
Dm7の響きの美しさは言葉に表せません!しかも、押さえるのが簡単という天使のようなコード。こちらも、鳴らしてはいけない弦があるので、そこだけ注意してくださいね。

D(ディー)

D(ディー)
キーがCの曲には、DmやDm7というコードがよく使われ、あまりDは使われませんが試しに「C」→「D」と演奏してみると、あれ・・・合う?しかも、なんかかっこいい!ここぞという時に使うと、曲にはっとするような変化をもたらしてくれるコードです。

まとめ

ギターを始めるにあたって、最初は指が痛くなったり、単調な練習ばかりでつまらないと思うこともあるかもしれません。しかし、ある段階を超えるとギターは本当に奥深く、それでいてとっつきやすく、手軽で素晴らしい楽器であるということに気づくはずです。これからギターを始める入門者の方、始めたばかりのギター初心者の方に、このギターという楽器の音色の美しさ、演奏の楽しさを味わっていただきたいと思います。是非、この記事をギター練習の参考にしてみてくださいね。ギター女子のみなさんの楽しいギターライフのきっかけになりますように!

しゅみ女子編集部
しゅみ女子編集部

趣味を持って、さらに豊かな人生を。 女性の毎日がよりHappyになるような趣味さがしをお手伝いします。