しゅみ女子

ハンドメイド

ハンドメイドで出店してみた!気をつけたいポイントとは!?

2017年7月10日 ものづくり

ハンドメイドでアクセサリーなどを作っていて、自分でも手ごたえのあるものが作れたら、思い切って商品として販売してみませんか。今はとても手軽に出店できるようになってきています。そこで今回は、ハンドメイドで出店するための方法と気を付けるべきポイントをご紹介いたします。
ハンドメイド

ハンドメイド作品を販売するには?

ハンドメイド作品を販売する方法は、ネットなどで通信販売する方法と、実際にお店を出して販売する方法の2つになると思います。通信販売の場合は、『minne』や『Creema』といった、ハンドメイド専門の販売サイトや、Yahoo!やメルカリなどのフリーマーケットで販売するなど様々な方法があります。売り上げの一部を手数料としてサイトに支払う形で販売が出来ます。

実際にお店を出す場合は、ハンドメイドイベントやクラフトフェアなどでブースを借りたり、フリーマーケットで出店するなどの方法があります。出店料金はイベントにより異なりますが、最初はリスクの少ないフリーマーケットなど小規模なところから始める方が、失敗がないのではないかと思います。

いざ出店!必要なものは?

まず何はなくともテーブルが必要ですよね!レンタルできる場合はしておきましょう。しかし、ただテーブルの上に平置きするだけでは作品が見難く、あまり多くを置くことも出来ません。ディスプレイするために簡易ラックを用意しておくことをお勧めいたします。持ち運びやすくコンパクトになるものを選んだ方が、移動が楽だと思います。

ハンドメイドのディスプレイとして、一番よく使用されるのがワイヤーネットです。結束バンドなどで2つ以上をつなぎ折り曲げれば立てて置くことも出来、そこに作品を飾っていくことが出来ます。ワイヤーネットは100円ショップでも購入することが出来るので経済的です。

ディスプレイのポイントとは!?

見やすい配置を心がける

ただ作品を並べるだけでは見難くなってしまう可能性もあります。死角が出来ないように考えながら作品をレイアウトしていきましょう。高さや角度なども意識しつつ、狭い空間内でいかに作品を飾っていくか、ということがポイントになってくると思います。実際に外から見てみて、見やすいかどうかチェックしてみましょう。

値段は分かりやすく!

やはりお客さん側からすると、気になるのは価格だと思います。欲しいと思って近づいたものの、価格が分からないと、諦めてその場を離れてしまう可能性もあるかもしれません。ハッキリと分かりやすい大きさで、値段を表示しておきましょう。
ハンドメイド2

何の商品なのかを明記しておく

こちらも実際に出店する場合は必要になってくることだと思うのですが、何の商品なのか明記しておかないと、わざわざ店員に聞かなくてはならないので、お客さん側の手間が一つ増えてしまいます。例えば、ピアス作品を販売していても、パッと見ただけでは、それがピアスなのか、イヤリングなのか分からない場合もありますよね?どこかに用途を明記しておく方が、親切かもしれません。

小さい作品は拡大写真を飾ると良いかも?

小さいハンドメイド作品の場合、かなり近づかないと何の作品なのか見ることが出来ません。しかし、そこまで近づいてしまうと「買いたいものがなかった時気まずい…」と思い、断念する方も多いと思います。小さい作品の場合は、拡大した写真などを添えて飾っておくと、分かりやすくなるのでお勧めです。
ハンドメイド3

ハッキリした色使いの作品も用意する

これは実際に出店して思った事なのですが、淡い色の作品は、手に取って見ないとあまり内容が伝わらないんですよね…。遠くからでも目を引くような、ハッキリとした色使いの、分かりやすい作品もいくつか用意しておいた方が、興味を引いてもらいやすいのではないかと思います。

その場の客層に合った作品を用意する

そのイベントの客層などを意識した作品を用意した方が、売り上げは上がると思います。年齢層やイベントの傾向など、事前にリサーチして準備しましょう。アクセサリーよりも、実用的な雑貨が売れる様な場合もあるので、そのあたりを意識したジャンルの作品を作ってストックしておいた方が、いざという時選択肢が広がると思います。

高い作品はディスプレイにも高級感を!

ハンドメイドでアクセサリーなどを作ることにも慣れて、自分でも手ごたえのあるものが造れるようになったら、思い切って商品として販売してみませんか。今はとても手軽に出店できるようになってきています。そこで今回は、ハンドメイドで出店するための方法と気を付けるべきポイントをご紹介いたします。

江藤
江藤

ハンドメイドにはまり、思いついたらなんでもとりあえず作ってみないと気が済まないチャレンジャー。いかにコストを下げて良いものを仕上げられるかを日々研究中。…その分失敗も多い!?ただいまレジンアクセサリーや、オリジナルのスノードーム作りに夢中。