しゅみ女子

ハンドメイド

ハンドメイドアクセサリーの素材を収納するアイデア5選

ものづくり

ハンドメイドのアクセサリー作りにハマると、どんどん素材や道具などが増えてしまい、ゴチャゴチャして収拾がつかなくなってしまいますよね。散らかったままにせずきちんと整理しておかないと、どこに何があるか分からず、既に持っている材料を気づかずに買い足すという失敗をしてしまう事もあります。アクセサリー作りで使う素材の収納アイデアを取り入れて整理整頓すれば、そんなイライラも解消されて、今まで以上にハンドメイドが楽しくなるかもしれませんよ!
handmadebox

細かい金具は小分けの収納ケースに

ハンドメイドアクセサリーを始めてみて、一番収納に困るのが細かい金具類だと思います。ネックレスなどの留め具や、ピアスなどのパーツ類、指輪の台座など、アクセサリー作りにおいてなくてはならないパーツですが、細々としたものは紛失しやすく、どこかにしまい込んでしまうといざという時に見つけられない、ということがあると思います。このようなよく使う細かい金具類は、見えやすくさっと取り出しやすいよう、小分けの収納ケースに入れて、目につきやすい場所に置くことをおすすめします。

例)仕切りのサイズを自由に変えられる収納ケースが便利

ちょうど良いものがない場合は?

このような小さい金具を収納するケースは、100円ショップのハンドメイドコーナーに専用のものが売られていますが、置いていない場合は釣り具のコーナーにある釣り用の仕掛けを入れるための、小分けの収納ボックスでも代用可能です。パーツが増えすぎてしまい、もっと大きな小分けボックスが欲しいという場合は、見栄えにこだわらず安さを選ぶなら、このようなピルケースも100円ショップで売られています。

ハンドメイドボックス
持ち運べる用に各ケースが独立するものや、蓋も一つ一つ独立しているものなど、用途に合っていて自分が最も使いやすいものを選ぶと良いと思います。

リボンやマステはホルダーでまとめる

リボンやマスキングテープなども、気がつけば増えてしまう素材の一つだと思います。コロコロと転がりやすく、収納するにも場所を取りやすいので、ひとまとめにして使用しない時も専用のホルダーにセットしておきましょう。このようにしておけば、どのようなリボンやテープの種類があるか一目瞭然で、使いたいときに簡単に引き出すことも出来るので、取り出す時間も短縮できます。100円ショップにもマスキングテープのホルダーとして売られているので、見つけたらゲットしておきましょう。

例)マスキングテープホルダーの種類は豊富!お気に入りのものをみつけてみては?

ラメやパウダーは書類ケースでスッキリ!

ハンドメイドボックス2
レジンアクセサリー作りをしていると、特にレジンの中に封入するような小さいパーツやラメやパウダー、ブリオンパーツなどの小さいケースがどんどん溜まってきますよね?重ねて収納するとどこに何があるか分からないため、100円ショップで売られているような書類ケースがこれらの収納にピッタリです。パッと見て何があるか分かり、薄いので置き場所にも困りません。A4サイズなら小さいケースが60個から70個と、結構な量が収まります。
これらの小さなパーツを収納できるほかにも、マスキングテープ類やハギレ、シリコンモールド、道具類などを書類ケースに収納している方もいるようです。とにかく場所を取らず見やすいというのが、書類ケースの強みだと思います。

ボタンや大きなビーズはビンに入れて見える収納を

handmade_box2

ボタンや大きなビーズなどは量が増えると場所を取るので、収納場所に困る事が多いと思います。解決策として透明の空き瓶の中に入れておけば、外から見て何が入っているかが分かりやすく、インテリアとしてもおしゃれなので、たくさん飾ってあっても見栄えが悪くなりません。家にあるようなジャムやインスタントコーヒーなどの空き瓶を再利用すれば、コストもかからず経済的ですよね。

出来た作品は仕切りのあるプラケースで保管

ハンドメイドボックス3
作った後のハンドメイドアクセサリーを収納する時、一か所にまとめてしまっておくと、レジンアクセサリーなど、完全に乾いていない場合だと、作品同士がくっついてしまう恐れがあります。細かい仕切りのついたプラケースに収納しておけば、くっついたり変形してしまう心配もなく、作品を見せてほしいと人から言われた時にも、軽いので持ち運ぶのに便利です。仕切りがついているので、壊れやすい作品も安心ですよね!

ハンドメイド素材は見やすく取り出しやすい収納を!

ハンドメイドアクセサリーの素材を収納するときに心掛けたいのは、ぱっと見つけやすく取り出しやすいということだと思います。プラケースばかりになると逆に場所を取ってしまう場合もあるので、壁にラックを取り付けたり、棚に専用のスペースを作るなどして、なるべく少ないスペースに上手くハンドメイドアクセサリーの素材や道具類が、収まるようなアイデアを取り入れてみると良いと思います。
収拾がつかなくなると整理するのも面倒くさくなり、どんどん場所をとってしまうので、スッキリ見やすい収納の仕方を工夫してみてくださいね!

江藤
江藤

ハンドメイドにはまり、思いついたらなんでもとりあえず作ってみないと気が済まないチャレンジャー。いかにコストを下げて良いものを仕上げられるかを日々研究中。…その分失敗も多い!?ただいまレジンアクセサリーや、オリジナルのスノードーム作りに夢中。