しゅみ女子

ホームパーティー

【連載】ホームパーティーは「準備」が9割!<第二回手抜きグッズ>

リーズナブル

こんにちは、廣政明香です。この連載では、招く人も招かれる人も、リラックスしてホームパーティーを楽しむためのコツをお伝えしていきます。
前回はホームパーティーを楽しむ5つの基本をお伝えしました。ホームパーティーを楽しむには、いかに手抜きをするかがポイントです。ホームパーティーは「準備」にかかっていると私は思っています。“そんなこと知ってるよ!”という方のために、実際私がいつ、何を、どこまで準備しているのかを時間軸でご紹介していきます。その中でも第二回となる今回は「グッズ(小物)の揃え方」にフォーカスいたします。
ホームパーティtop

1週間前までに小物を揃える

「そろそろ集まろうよ」「飲みに行きたい」「久々に会いたい」と声がかかれば、お店を探す…のではなく、ホームパーティーを計画してみましょう。
以下、実際に私が開催したパーティーの具体例です。
body01

第3回「まりこを花で囲む会」 5/3(土)15:00~18:00
【メンバー】元職場仲間、数ヶ月ごとに集まっている4名+特別ゲスト
・まりこ:お笑い担当
・しほ:大人ネタ担当
・にいに:お花担当
・やのちゃん:いじられ担当
・ホストの廣政:部屋全体のコーディネート、料理担当

 

【開催までの準備スケジュール】

約3週間前

・メンバーの予定を確認し、日程調整する
今回は全員の予定が確定できず、ひとまず5/6(土)で仮設定して進め、1週間前に確定。

・テーマを考える
毎回同じメンバーであれば、ひとつのテーマに絞って季節感を変えるだけでもOK。私たちは「まりこを花で囲む会」という毎回同じテーマ。メンバーにフラワーデザイナーがいるので、お花は仕入れ~当日のコーデまですべてお任せします。5/6は新緑の季節なので「グリーン&ホワイト」とざっくりしたお願いをします。

手抜きポイント
すべて自分で準備しようとせず、ゲストに得意なことをお任せする「参加型」にしましょう。お花を習っている人にはフラワーコーディネート、料理教室に通っている人がいれば持ち寄りスタイルで、イラストが得意な人がいればゲスト用カードやウエルカムボードを作ってもらうなど、ゲストと一緒に準備を楽しんでくださいね。

約2~1週間前

・百円ショップ「セリア」で小物をチェック
お金をかけなくてもちょっと工夫すれば可愛いコーディネートに変身。頻繁に開催する人はネット、東京に近い方は合羽橋で安く買えますが、今回は全国どこでも手に入りやすい百円ショップのグッズを活用する方法です。

手抜きポイント
片付けの負担を減らすため、なるべく使い捨てできる小物を探し、少しずつ買いだめしておきます。

★ワインやシャンパングラス型の使い捨て透明カップ
使い捨てといってもただの紙コップでは味気ないし、大人パーティーだと模様がないものがいいし…という方へ。セリアやダイソーでは2個100円(税別)ですが、ゲスト一人ひとりの名前を書いたり、手芸用のストーンシールを貼って可愛くデコレートすれば特別感がぐんと上がります。
body02

また「私のビールどれだっけ?」なんてこともなくなり一石二鳥。ネームプレートの役割も!ストーンは割りばしに貼っても可愛いですよ♪
body03

★箸置きは手作りする
水玉やストライプ、マカロン柄など百円ショップには可愛い折り紙がたくさん。居酒屋の割りばし袋でよく作るあの「箸置き」を時間があるときに作っておきます。箸置きは細々して洗うのが意外と面倒。普段の食卓にも活用できます。
body04

前日

・セッティングや掃除は前日夜までに済ませる
作りたての料理を食べてほしいから、当日は料理に集中できる環境を整えておきます。
body07写真は私の実際の手帳。どんなに忙しくてもパーティー当日のモーニングは欠かせません。いつもの喫茶店でほっと一息ついて、準備も楽しめる心のゆとりを作りましょう。

★料理は安全第一!前日までにキッチンを清潔に
パーティーは美味しくてフォトジェニックな料理が一番だと思っていませんか?実は何より大事なのは「安全」であること。ここだけは絶対に手抜きNGです。写真はパーティー前夜のキッチンの様子。パーティー当日はすぐ調理に取り掛かれるよう、前日までに部屋の掃除やキッチンの除菌まで済ませておくのがポイント。アルカリ電解水の除菌スプレーで隅々までしっかり除菌します。
body08
★洗面台にもおもてなしの心を
先ほどお伝えしたように、パーティーは清潔第一。一人ひとり使えるミニタオルや歯ブラシを用意するなど、気持ちよく過ごしてもらえるような心遣いをお忘れなく。
body09
手抜きポイント
さっと出すだけでOKのゲスト用アメニティセットを作っておけば「タオル用意しなきゃ!」など慌てる心配がなくなります。私はいつもこのセットを常備しているので、5秒でセット完了です。

★トイレもおめかし
トイレットペーパーにもしっかり気を配りましょう。我が家は段安いシングルロールですが、パーティーの日用に可愛い柄を買い置きして前日に入れ替えています。これはスギ薬局オリジナルのウォッシュレット用。PB商品は安くておすすめです。
body10

・料理を並べるだけの状態までセッティングしておく
前回も少しご紹介しましたが、掃除を終わらせたらテーブルセッティングまで完了しておくと安心です。私の場合の「テーブルセッティング」とは”あとは料理を盛り付けるだけ”の状態にしておくこと。具体的には… 盛り付け用の器や鍋・テーブルクロス・ペーパーナフキン・取り分け皿・箸置き・箸・コップ・コースター・テーブル調味料・常温のドリンク(リキュールなど)・メッセージカードを準備するところまでです。
body11

私は毎回ゲスト一人ひとりにメッセージカードを手書きしています。結婚式でよく見るあれです。貴重な休日に足を運んでくれたゲストへ、心をこめて。
body12

手抜きポイント
ランチョンマットは人数分揃えるとお金がかかるし洗濯も増えるので、ペーパーナフキンを買っておきましょう。布のクロスだとゲストも「テーブルにこぼしちゃった…ごめん…」と気を遣ってしまいます。イケアやフライングタイガー、セリアやダイソーなど可愛いものがたくさんありますよ。

前日までにできることは意外とたくさんあります。ゲストと一緒に過ごす時間を増やすために、余裕をもって準備を始めましょう。

次回は、当日ラクするための料理のコツやメニュー、レシピをご紹介します。

廣政明香
廣政明香

ホームパーティー検定3級、野菜ソムリエプロ。料理スタイリングやメニュー開発、リクルート社内報の執筆、オウンドメディア編集などの経験を経てライターに。お酒での失敗は数知れず…加齢ととともに落ち着きを取り戻し、パーティーや旅行、時々家事に勤しむ日々を送っています。