しゅみ女子

  • HOME
  • >
  • 漫画
  • >
  • ファンタジーもの好きなあなたは必見!おすすめのファンタジー漫画4選
漫画

ファンタジーもの好きなあなたは必見!おすすめのファンタジー漫画4選

インドア

『ファンタジー』というジャンルは、異世界が舞台のものや、魔法を使うストーリーというのが一般的ですよね。現実世界にはない街で、巨大なモンスターを魔法で倒すなどといったシュチュエーションは、非日常を味わいたい人にはぴったりのジャンルです。ところで、ファンタジーものと言うと、ゲームやアニメ作品が中心だと思っていませんか?実は『漫画』にも、素晴らしいファンタジー作品がたくさんあるのです。今回はファンタージ好きに送るおすすめ漫画を4つご紹介しましょう!
ファンタジー漫画1

ファンタジーの魅力をおさらい

まずは、ファンタジーの魅力についておさらいしていきましょう。先ほども少し触れましたが、ファンタジーものの舞台は ”異世界” つまり、現実にはない世界が舞台です。架空の人種が住む広大な森であったり、幻想的な海に面する大都市であったりと、現実では見ることができない世界で物語が繰り広げられます。

ファンタジー漫画2ファンタジーに必ずといっていいほど登場するのは、奇妙なモンスターたちです。主人公やその仲間たちは “魔法” や “必殺技” を使ってそのモンスターを倒していくというのが、ファンタジーものでよくあるストーリー設定です。
ファンタジー漫画3ファンタジーが好きな人は、「私も魔法が使えたらな」と想像することもよくあるはずです。現実から離れた世界で活躍する自分を妄想して楽しめるのが、ファンタジーの魅力の一つですよね。もちろん、ゲームやアニメでもファンタジーの世界は堪能できます。しかし、漫画の方がキャラクターが細かく設定されていたり、ビジュアルも細部までこだわっていたりする作品が多いものです。作者の手がけたイラストから感じられる、主人公の勇敢さやモンスターの不気味さ、呪文や魔法のカッコよさは、漫画でしか味わえないものです。

そこで今回は、ファンタジー好きな人にぜひ読んで頂きたい漫画を4つピックアップしました。普段はあまり漫画を読まないという人でも、きっと楽しめる内容のはずですので、ぜひ一度読んでみてはいかがでしょうか?

のめり込み注意!おすすめファンタジー漫画4選

七つの大罪 鈴木央

美しい王女エリザベスは、世界を救うために “七つの大罪” を探す旅にでます。七つの大罪とは、かつて王国転覆をはかったと言われている7人の元騎士こと。エリザベスは七つの大罪の1人、メリオダスと出会い、共に旅をしていきます。剣や魔法、呪文などを使い、敵と戦っていくシーンは迫力満点で読者を圧倒させます。

王国を助けるために、主人公が王女を守りながら戦っていくというストーリーは、ファンタジー作品では “王道” と言えます。しかし、本来は国を守る立場である人々が敵で、反逆者と噂されている人たちが本当の味方という意外性が、この漫画の独自の世界観と言えるでしょう。『ファンタジーは王道で楽しみたい!』という人はエリザベスとメリオダスと共に、『七つの大罪』の世界を冒険をしてみませんか?

極黒のブリュンヒルデ 岡本倫

ある日小さい頃に亡くなったはずの幼馴染の女の子が、転校生として学校にやってきた。さらにその幼馴染はなんと、魔法使いとなって帰ってきたのです。そんな驚きの設定からこの物語が始まります。仲間である魔法使いたちの元に、次々と現れる刺客たちもまた魔法使い。命を懸けた壮絶な ”魔法バトル” は、思わずヒヤリとさせられます。

“幼馴染が魔女” という設定や、爆発の魔法や不死身の魔法を使ったバトルは、ファンタジー好きなら見逃せないストーリーでしょう。しかも女の子はみんな可愛い!可愛い魔女に囲まれて毎日を過ごすなんて、主人公の村上良太(むらかみりょうた)はなんて幸せものなのでしょう。『可愛い魔女に囲まれた日々を妄想したい!』そんな人におすすめな作品です。

青の祓魔師 加藤和恵

主人公の奥村燐(おくむらりん)は、ある時、自分が ”悪魔の息子” だと知り、衝撃を受けます。息子を取り戻そうとする悪魔の王・サタンから燐を守るため燐の父は戦いますが、その戦いにより父は亡くなってします。父の死をきっかけに、”祓魔師(エクソシスト)” になる決意をした燐は、無事にその夢を叶えることができるのでしょうか?

悪魔を退治するエクソシストものも、人気があるファンタジー作品の一つです。エクソシストになるための学校に通うという設定も、『そんな学校に通ってみたい!』と夢見る人も多いのではないでしょうか。”悪魔の息子” と罵倒する生徒がいる中、一生懸命に努力する燐の姿をあなたもきっと応援したくなるはずです。

幽⭐︎遊⭐︎白書 冨樫義博

“霊能力” で妖怪を倒していくという設定も、ファンタジー作品の中では有名ですよね。主人公の浦飯幽助(うらめしゆうすけ)は、一度交通事故で死んでしまいますが、霊能力を持った”霊界探偵” として生き返ります。霊界探偵とは、人間界で悪さをする妖怪を退治する人のこと。霊能力を駆使して妖怪と戦うバトルは、ハラハラするシーンが満載です。

霊能力は魔法と同じような立ち位置なので、ファンタジーものには欠かせない要素ですよね。幽遊白書の面白いところは、ただ妖怪を倒すだけでなく、仲間と助け合うシーンも見どころの一つです。仲間との友情が強さの鍵なのかも知れませんね。アツい”霊界バトル” と”友情物語” に触れて、あなたも霊界探偵気分を味わってみませんか?

現実逃避はストレス解消法の一つ!

学校や仕事、家事などに追われていると、毎日がパッとしなくてストレスも上手く発散できないなんて時もあるでしょう。そんな時はファンタジー漫画を読んで、一度 “現実逃避” をしてみてはいかがでしょうか?毎晩寝る前に一冊読むのも良いですし、休日に漫画喫茶などを利用して読みふけるのも良いでしょう。

いつでもどこでも手軽に読めてしまうのがファンタジーを漫画で楽しむメリットの一つですので、これを機会にあなたもファンタジー漫画の世界に一歩足を踏み入れてみてはいかがでしょうか?きっとあなたの日常に『刺激』を与えてくれるでしょう。

りぴ
りぴ

愛知県出身。地元メーカー購買部で7年間OLとして働いたのち、ライター業に専念したいと思い会社を退職。エンタメ系、健康系、美容系など幅広いジャンルで活動中。幼い頃から大のマンガ・アニメ好き。これまで読んだマンガは400冊以上で、特に読むジャンルを限定しない雑食系。