しゅみ女子

  • HOME
  • >
  • DIY
  • >
  • 超簡易撮影ボックスを自作してみた!ハンドメイド作品の撮影のポイントは?
DIY

超簡易撮影ボックスを自作してみた!ハンドメイド作品の撮影のポイントは?

ものづくり

ハンドメイド作品を発表するために、写真は必要不可欠ですよね!
ただ、撮影の仕方や写真の画質によっては、せっかくの作品の良さが伝わらず、逆にマイナスの印象を与えてしまう事もあるかもしれません。特にネットでハンドメイド作品を販売する時には、撮影の仕方や場所に気をつけましょう。ハンドメイド作品を撮影する際に、あると便利なのが撮影ボックスです。安く、とても簡単に撮影ボックスを自作する方法をご紹介いたします!

撮影ボックスを自作してみよう!

撮影ボックスを使用せずに照明の下で撮影すると、影が出来てしまったり、照明の影響をもろに受けて反射してしまって、いまひとつ作品の全貌をとらえきれません。肉眼で見た時の状態に近いものを写真として残すことが出来ればそれが一番ですよね!
撮影ボックス
小物用の撮影ボックスがあれば、背景などにも気を使う必要もないので便利だと思います。しかし本格的なものは値が張るので迷ってしまいますよね…。ひとまず100円ショップで手に入るような材料で、超簡易に撮影ボックスを自作してみました!

用意するもの

うっすら透けて、光を通す素材が良いようなので、100円ショップで乳白色のPPシートを購入しました。もう少し色が濃く、光沢のない方が良かったかな、と完成してから思いましたので、これから作られる方は、そのような素材を使用した方が良いかもしれません。
あとは、こちらを切るためのカッターと、セロテープという、家にあるような材料で作りました。

切って組み立てるだけ

まずPPシートを縦に半分に切り、片方をコの字になるように折り曲げます。(うまく折れない時は、カッターでうっすら切れ目を入れると折り曲げやすくなります。もう一方の縦に切ったPPシートを、斜めになるようにセロテープで貼り付け、余分な部分を外側に折り曲げ完成です。この折り曲げた部分に、好きな色の画用紙等を挟んで固定すれば、背景も変えることが出来ます。
撮影ボックス2

そしてこちらが撮影ボックスを使用して撮影してみた作品です。
撮影ボックスで撮影

照明を一つしか使用していないので少し暗いのですが、蛍光灯の反射がなく、見やすくなったかと思います。
実際に撮影する際には、上からと、左右からの3点照明が撮影の基本になるそうです。「照明が1つ以上用意できない」「明るすぎる」という場合は、レフ版代わりに鏡を使用してみても良いと思います。

ハンドメイド作品撮影のポイントは?

カメラはスマホで良いの?

良いカメラであれば、それだけ素晴らしい写真が撮れると思いますが、近頃のスマホのカメラ機能は性能が良いので、そんなに古い物でなければ、スマホのカメラ機能で十分だと思います。もしも作品のプロモーションのために、もっと芸術的な写真を撮りたいという欲が出れば、そちらを購入するのを視野に入れても良いかもしれません。

3点照明を使用する

上と左右の3つの照明を用いる事が撮影時の照明の基本となります。照明の大きさによっては、レフ版を使用するのも良いと思います。自然光で撮ると綺麗に写りますが、常に明かりが一定ではない為、多くの作品の撮影の必要がある場合は、夜に撮影するか、カーテンを閉め切り自然光を遮断した中で照明を使用して撮影する方が安定して同じ色味で撮影することが出来ます。

無難な背景は白

作品によっては背景も変えた方が演出的にも良い場合もありますが、白なら作品の色味も分かりやすいので一番無難です。迷った時には白で撮影しましょう!

着用イメージがあれば更に◎

アクセサリーなどになると、着用しているイメージがあれば更に伝わりやすいので、作品のみの写真に加えて、着用したときの写真も付け加えると良いかもしれません。

余分な部分はトリミングする

これも基本中の基本ですが、作品に関係ないような部分は切り取っておきましょう。

画像の色をアプリ等で調節する

撮影した写真が暗かったり、実際の色と違って写ってしまった場合には、写真加工アプリなどを使用して、本来の色に近づけるのも良いと思います。コントラストや輝度、彩度などを調整することで、実際に見た時の色に近づけるようにしましょう。この際、見栄えを良くしようと、本来の色とかけ離れたものにしてしまうと、クレームの原因になってしまう可能性もあるので注意しましょう!

小物を使用する

撮影に慣れてきたら、演出として小物を使用して作品を撮影するのも良いかもしれません。例えば、海をイメージした作品であれば、砂の上に置いたり、貝殻を傍に置いて撮影してみるのも良いですよね!その場合、ピントは作品に合わせておくとさらに良い雰囲気になると思います。

ハンドメイド作品を作ったところである程度満足してしまうので、撮影って結構億劫に感じてしまう事があるんですよね…。しかし、良い写真を撮れば、それだけ作品の良さも伝えることが出来る大事なプロモーション活動になるので、頑張って良い写真を撮りましょう!(と言いながら自分を励ましています)

江藤
江藤

ハンドメイドにはまり、思いついたらなんでもとりあえず作ってみないと気が済まないチャレンジャー。いかにコストを下げて良いものを仕上げられるかを日々研究中。…その分失敗も多い!?ただいまレジンアクセサリーや、オリジナルのスノードーム作りに夢中。