しゅみ女子

  • HOME
  • >
  • 文房具
  • >
  • 毎日を輝かせるこだわりの便利な文房具!最新おすすめ30選
文房具

毎日を輝かせるこだわりの便利な文房具!最新おすすめ30選

リーズナブル

毎日使う文房具。文房具にこだわった経験はありますか?
文房具にこだわりを持つと、日々の仕事やプライベートの場面でも作業を効率的に改善するのはもちろん、お気に入りのアイテムを使うことで、気分を前向きにしたり楽しい気持ちをもたらしてくれます。
そこで、今回は仕事の効率UPや女子力UPに役立つおすすめ文房具をご紹介します。ぜひ気になる文房具は実際にお店で手にとってみてくださいね。
文房具1

ノート

まずは、家庭や仕事の場面で活躍するノートから。長年にわたって愛されているノートの魅力を解説します。

ブロック ロディア|ロディア

多くの人が持っているイメージの多いロディア。もともとはフランス発のブランドですが、長い時間をかけて日本にも浸透し、多くの人に愛されるノートとして確立しました。鮮やかなオレンジ色が特徴ですが、ドット罫の入った黒いノートパッドやリングノートなど、数多くのラインナップを展開しているので、用途に合わせて選ぶことができます。

ニーモシネ|マルマン

国内メーカーとして不動の地位を確立したマルマンのニーモシネ。上質で書き心地の良い紙質に加え、高いコストパフォーマンスが人気の秘密です。マルマンといえばクロッキー帳やスケッチブックを連想するという方が多いものですが、紙質に注目しながらノートを見てみると、同じメーカーであっても数多くの違いを見出すことができるので興味深いです。

ロルバーン|デルフォニクス

少しおしゃれな雑貨屋さんに行くと販売していることの多いロルバーン。豊富なカラーバリエーションが女性の心をグッと掴みます。

特におすすめのポイントは、ノートの末尾に付いているクリアポケット。ちょっとした小物を入れておくことができるとあって、有効活用している方を多く見受けます。また、表紙はしっかりと硬さを保っているので、机のない不安定な場所でもすぐにメモすることができるため、持ち歩き用のノートとしても高い人気を誇っています。

スタロジー エディターズシリーズ 365デイズノート|ニトムズ

“ステーショナリー”と“テクノロジー”というふたつの言葉を融合してできたブランドがスタロジーです。薄い紙を採用することで、1冊のノートにたくさんのページを内蔵することに成功しました。

また、中身は方眼ですが多くのノートが採用している5ミリ罫とは異なり4ミリ罫。さっと図を書きたいときにも手頃なスペースで書くことができるので、スペースを取ることなくスマートにノートを取ることができます。

ロイヤルカレッジ・ケンブリッジ|キョクトウ

紙質への飽くなき探究心が生み出した逸品、ロイヤルカレッジ・ケンブリッジ。注目するべきはなんといっても、紙の触り心地。なめらかで艶やかな触り心地に、使うことができない、という人も現れてしまう高級ノートです。ただメモをするためのノートではなく、ボールペンや万年筆で文字を書く行為そのものを純粋に楽しむことができます。

ボールペン

次に、ノートを書くために必要なボールペンのご紹介です。筆記具の魅力は見た目のみではなく、書き心地・持ち心地なども含まれます。オフィスの場面にも、プレゼントにも、ぜひご活用ください。

2+1 リッジ|パイロット

シンプルで洗練されたフォルムの2+1 リッジ。フリクションを始めとして、数多くの人気筆記具を生み出したパイロットならではの製品へのこだわりを堪能することができます。また、搭載されているインクは“アクロインキ”と呼ばれるメーカー独自で開発した、なめらかな書き心地のインクなのでそちらにも注目です。

ランスロット|ぺんてる

存在感抜群のデザインで多くの人を魅了するランスロット。
筆記具へのこだわりを最大限に発揮したぺんてるは、ランスロットのみならずどの製品も魅力的なので、ぜひ使ったことがないという方にはおすすめしたいメーカーのひとつです。

ジェットストリーム|三菱鉛筆

言わずもがな有名となったジェットストリーム。すでに単色・多色・複合・プライムシリーズなどの数多くのラインナップを取り揃えています。なめらかな書き心地と、持ちやすいフォルム、書きやすいグリップなど、No.1筆記具として最近の文房具界を牽引する存在です。

アバンギャルド|ステッドラー

振り子式を採用した多機能ボールペン、アバンギャルド。出したい色に本体を傾けてノックすると指定の色の芯が出るという近代的な機構を採用しています。アバンギャルド、そして軽さを追求したアバンギャルドライト、どちらもぜひ持ち合わせておきたい一本です。

ラミー2000|ラミー

ビジネスマンに人気のドイツのバウハウスのデザインを受け継いだ筆記具メーカー、ラミー。エントリーモデルも人気の中、ビジネスマンやOLに人気のシリーズがラミー2000です。なににも遮られることのない美しい曲線美と、書き心地の良さを同時に楽しむことができる、贅沢なボールペンなので、ぜひお試しくださいね。

ふせん

近年白熱しているふせんブーム。各メーカー多種多様なふせんを考案し、アイデアに富んだ魅力的な商品を発見することができます。

ペントネ|カンミ堂

ペンケースに入るふせんとして人気に火がついたペントネ。引き出したあとの“ピリッ”という感覚が病みつきになるふせんです。

スタロジー 書けるふせん|ニトムズ

ふせんのデメリットであった、“下の文字が見えない”という問題を上手に解決したニトムズのの書けるふせん。もともとは粘着テープの生産が本業のニトムズの技術を総動員した、最高の仕上がりの商品です。

ワタク紙|ペパラブル

人の形をした可愛らしいふせん、ワタク紙。メッセージを書いたあとは可愛く手足を織り込むこと、コミュニケーションツールとしても機能を果たしてくれます。

マグネティックノート|ウインテック

静電気でくっつく変わりダネふせん、マグネティックノート。ザラザラした面でなければどこにでも付けることができるので、思い立った時にはペタペタと活用してみてはいかがでしょうか?

こころふせん|マルアイ

日本人の“思いやり”を上手に活かしたアイデア文具、こころふせん。日本語の美しさを感じさせると共に、送る相手への感謝の気持ちも丁寧に届けることができる、心温まる文房具です。

クリップ

何かと使う機会の多いクリップ。最近ではゼムクリップだけでなく、改良を重ねられたクリップが数多く存在します。ひとつずつ見ていきましょう。

デルプ|マックス

最近テレビや雑誌など、メディアに引っ張りだこのアイデア文具、デルプ。
紙製のクリップなのでかさばることもなく、また書き込みができるためファイリングの代わりにもなる便利&効率文具です。

トライアングルクリップ|エスディアイジャパン

ありそうでなかった形、それがトライアングルクリップです。
枚数が増えてくると束ねることができずにかさばってしまうという、ゼムクリップの問題点を見事に克服した綺麗な形のクリップです。

ディークリップス |ミドリ

書類にもかわいさが欲しい、という方にはディークリップス がおすすめ。うさぎや猫など、愛らしい動物のフォルムを再現したクリップです。

ペンコ クランピークリップ|ハイタイド

クリップにおしゃれさやカジュアル感を求める方におすすめのペンコ クランピークリップ。やや大きめの形状ですが、書類をしっかりとホールドすることで、ばらつきを防ぎ、かっこよく書類をまとめることができます。

メモンガー|ダルトン

意外と知られていないインテリア文具、メモンガー。オフィスシーンだけでなく、家の冷蔵庫やリビングなどのちょっとしたところにかけておくことでおしゃれ感が増すこと間違いなし。普通のクリップでメモを貼るなんて、もうナンセンスなのかもしれません。

ファイル

かさばる書類整理に便利なファイル。ファイルと一口に言っても種類は幅広く、タイプも様々なものがあるので、用途に合わせた選び方がおすすめです。

ノビータ|コクヨ

ファイルの背幅が伸びることで有名なノビータ。書類が少ない時には薄くコンパクトに、書類が多いときには背幅を伸ばしてパワフルに。決して新しい商品ではありませんが、アイデアが秀逸と今もなお人気を保つ商品です。

ビュローファイルボックス|デルフォニクス

色とりどりで鮮やかなビュローファイルボックス。溜まった書類をひとつにまとめておくためのボックスファイルとして多くの方に重宝されています。せっかくなら書類整理もおしゃれに行ってしまいましょう。

ノイエスタイル|リヒトラブ

シリーズを通しておしゃれなノイエスタイル。発売からは1年半ほどと、ファイルの中ではまだ新しい種別に属しており、タイプに合わせて選ぶことができるよう、さまざまな形状・厚みのファイルを商品化しています。

トトコ|プラス

「とっとこ」という、ひとまず書類を“とっておく”という考え方から生まれたのが、トトコというファイル。インテリアファイルの先駆者として、ファイル界を今もなお牽引しています。

レバーアーチファイル|エセルテ

スウェーデン発の文具メーカーエセルテから発売されているレバーアーチファイルは、シンプルなデザインとは裏腹に耐久性に優れています。余計な装飾を施さないデザインに惹かれ、実はファンが存在しているファイルともいうことができます。

ペンケース

最後は便利なペンケースをご紹介します。日常さまざまな筆記具を持ち歩くためには必要不可欠なペンケース。進化の著しい最新のアイテムを見ていきましょう。

スタンドペンケース|リヒトラブ

“立つペンケース”の流れに乗って登場したスタンドペンケース。シリコン製でシンプルなペンケースですが、サイズ・色共に展開が豊富で、大人から子どもまでさまざまな世代の人が愛用しています。

ウィズプラス|コクヨ

ペンケースの新しい形状を生み出したウィズプラス。現在人気のフラットペンケースの風潮を生み出し、ビジネスマンを中心に広く人気を集めています。

ペンサム|キングジム

手帳やノートにペンケースをつけたい、という方のために生まれたペンサム。
気軽にスポットはめることができるペンケースとして、ノートとセットでぜひご検討くださいね。

ドッキングペンケース|しあわせ倉庫

最近ブームになりつつあるドッキングペンケース。ペンケースの中に小さなペンケースを収納するマトリョーシカのような構造で、大容量のペンケースを実現しました。あれもこれも持ち歩きたい方に、ぜひおすすめの商品です。

ボトルペンケース|サンスター文具


最後は、フォトジェニックなペンケースを。
ボトルペンケースは、ドリンクボトルを意識して制作されたペンケースです。飲み物を持ち歩くようにポップな気分で、気持ちを高鳴らせながらお気に入りのペンたちを持ち歩いてくださいね。

まとめ

おすすめの文房具を全30種類ご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?
文房具は常に進化を遂げており、話題の文房具もめまぐるしく変化します。ぜひ気になる文房具を見つけて、お店に足を運んでみてくださいね。

それでは、素敵な文房具ライフを!

鈴木 しの
鈴木 しの

小さな頃から文房具売り場に駆け込む毎日を過ごし、好きが高じて文房具の販売員のアルバイトを経験。文房具の趣深さに魅了され、メーカーや型番を覚えることとペンの中の素材や作り方に興味を持つようになる。メーカーのこだわりはないものの、万年筆のインクの香りとノートをめくる音には好みができてしまった。