しゅみ女子

サーフィン

かっこいい女子にオススメ!サーフィンの始め方

2017年4月16日 アウトドア体を動かす

ハードなスポーツであるサーフィンは、日本では未だに男性のスポーツというイメージがあるのではないでしょうか。しかし、きらめく海の波をサーフボードで爽快に滑り抜けることほど、気持ちの良いことはありません。かっこいい女子を目指すなら、断然サーフィンがおすすめ。今回は、サーフィンの始め方についてご紹介します。


サーフィンを始めたいならまず体験しよう!

サーフィンが上手な人を見ていると、いとも簡単に波に乗っているように見えます。しかし、サーフィンは、波に乗れるようになるまでがとても大変です。


ボードの上に立って波に乗れるようになるまでには、かなりの練習が必要になります。もちろん、波に乗れなければ楽しくないため、なかなか上達しないのに嫌気がさして、途中でやめてしまう人もいます。


波に乗る楽しさを知ろう

サーフィンを始めるためには、ボードやそのほかのアクセサリーを揃える必要があります。また、水着や肌を守るラッシュガード、そしてサーフパンツなどの用意も必要です。サーフィンを始めるための初期費用は、けっして安いものではありません。


ですから、途中で挫折してしまわないためにも、まずは波に乗る楽しさを体験しましょう。波にうまく乗れたときの快感は、なにものにも代えがたいものです。ボードの上に立って海からビーチを眺めるとき、新鮮な感動を覚えることができるはず。


ですが、「まったくの初心者なのにどうやって波に乗る体験ができるの?」と思われる方もいらっしゃるでしょう。初心者が波に乗るためには、誰かのサポートが必要です。


サーフィンスクールのレッスンに申し込もう

サーフィンの楽しさを体験してみたいのであれば、サーフィンスクールが開催しているレッスンに申し込むのがおすすめです。


ほとんどのサーフショップが、定期的にサーフィンのレッスンを行っているため、気軽にショップスタッフに尋ねてみることができるでしょう。


良いスクール選びの3つのポイント

スタッフの人柄が良いのはもちろん、適正なレッスン価格で、なおかつ教え方が上手なサーフィンスクールを選びたいと思うもの。良いサーフィンスクールを選ぶためのポイントをご紹介します。


通いやすいかどうか

自宅から通いやすい距離にあるスクールであるかどうかは、スクールを選ぶうえでとても重要なポイントになります。


マイボードをレッスンに持参する場合、スクールが遠いと移動にひと苦労するでしょう。一般的に、海から遠い場所にあるサーフショップでは、ショップに集合してから海に向かい、解散もショップ前であることが多いもの。そのため、ショップやスクールでサーフボードをレンタルする場合でも、自宅からスクールが遠いと帰宅する際に疲れ切ってしまいます。


さらに、サーフボードを購入するのであれば、自宅から比較的近い距離にあるサーフショップがおすすめです。ボードは使っていくうちに修理が必要になるため、通いやすい場所にあるショップでなければ、ボードを修理に出すのも大変でしょう。


傷害保険の加入ができるかどうか

サーフィンをしていると、怪我をすることも少なくありません。波にさらわれたサーフボードやフィンに当たって怪我をしたり、ほかのサーファーとぶつかって怪我をすることだってあります。


そのため、サーフィンスクールを選ぶ際には、障害保険に加入できるかどうかを確認することができるでしょう。保険といっても高額なものではなく、1日わずか500円程度のものです。


インストラクターと一緒に海に入っている最中に、事故に遭うことはめったにないかもしれません。しかし、サーフィンの初心者同士が集まるレッスンでは、何が起こるか誰にも予測することはできません。


レッスンを実施しているショップやスクールにて、事前に傷害保険に加入していれば、万が一に備えることができます。


NSA公認指導員などの有資格者がいるかどうか

サーフィンが大好きでサーフィンが上手な人でも、教え方がうまいとは限りません。サーフィンスクールを選ぶときには、必ずしもプロサーファーが教えてくれるところである必要はないでしょう。しかし、国内のサーフィン検定であるNSAの公認指導員がいるスクールなら、サーフィンの基本をしっかり学ぶことができるはずです。


また、日本ライフセービング協会(JLA)など、民間のライフセーバー資格を有しているスタッフがいるスクールなら、安心してレッスンを受講することができるでしょう。


サーフィンを始めるのは最初が肝心!

サーフィンを趣味として始めるのであれば、最初が肝心です。「サーフィンって面白い!」と身をもって体験することができれば、その後の上達にも影響するでしょう。


独学でサーフィンを始める方もいらっしゃいますが、最適な波を見分けたり、波をキャッチできたりするようになるまでは、インストラクターのもとでレッスンを受けてみてはいかがでしょうか。


サーフィンは個人で行うスポーツですが、テクニックの習得や海でのマナーなど、自分一人では身に付けるのに苦労する事柄がたくさんあります。


レッスンを受ければ、そこで意気投合できる趣味仲間も見つかるはず。もしも、サーフィンを始めたいと思ったのであれば、ぜひ丁寧な指導のスクールの体験レッスンを受けてみられることをおすすめします。


しゅみ女子編集部
しゅみ女子編集部

趣味を持って、さらに豊かな人生を。 女性の毎日がよりHappyになるような趣味さがしをお手伝いします。