しゅみ女子

お菓子作り

甘党さんなら『お菓子作り』を趣味にしませんか

2017年4月16日 インドアグルメ

お菓子を食べるのは好きだけど、お菓子作りはバレンタインの時くらいにしかしない、という人は多いのではないでしょうか。


しかし、いつもキッチンから甘い香りがふんわり漂っていたり、家にある材料で本も見ずに手早くお菓子を作れたりすると、幸せな気分になると思いませんか。


趣味でお菓子作りをする5つのメリット

お菓子が作れなかったとしても、生活になんら支障は及びません。しかし、お菓子作りが得意になれば、人生をより豊かなものにすることができるでしょう。お菓子作りの主な5つのメリットについて、まとめてみました。


いつでも食べたい時にお菓子を作ることができる

お菓子作りが趣味になれば、思い立った時にいつでもお菓子を作ることができます。いつでも食べたい時に、食べたいお菓子を作ることができるため、夜中にコンビニに走る回数が激減します。


糖分をコントロールできるのでダイエットにも最適

最初のうちは、本のレシピなどを参考にお菓子作りに挑戦するため、レシピ通りの分量でお菓子を作るでしょう。


しかし、慣れてくると、分量を調節して自分好みの味のお菓子を作ることができるようになります。もちろん、砂糖の量を加減することが可能なので、ダイエットにも役立つでしょう。


ストレス解消に効果的

お菓子作りは、達成感を感じることができる趣味です。上手にお菓子が作れた時に感じる高揚感は、一度味わうとやみつきになるでしょう。


また、手を動かすと脳が活性化されますが、脳が活性化するとやる気や集中力がアップするので、嫌なことなどを忘れるのに効果的でストレスを解消する助けになります。


節約することができる

自分でお菓子を作るようになると、お店でお菓子を食べたり、買ったりする機会が減ります。たまの気分転換には良いかもしれませんが、カフェでスイーツを食べるとランチと変わらないほどの出費があるものです。材料費はかかりますが、節約しようと考えているなら、自分でお菓子を手作りしてみてはいかがでしょうか。


お菓子作りのための基本道具8つ

お菓子作りを趣味にするなら、まずは道具を揃えましょう。最初に揃えるべき、基本の道具8つをご紹介いたします。


ステンレス製のボウル

自宅にプラスチック製のボウルしかないのであれば、ぜひステンレス製のボウルを購入しましょう。お菓子作りは、混ぜる・冷やす・温めるなどの作業を頻繁に行うため、耐久性があって傷つきにくいステンレス製のボウルがお勧めです。


デジタルスケール

料理は目分量でもなんとかなりますが、お菓子を完璧に仕上げるならきっちり材料を量ることが重要です。分量が少し狂っただけで大失敗する恐れがあるのが、お菓子作りです。材料を正確に量るには、デジタルスケールを使用すると良いでしょう。家庭用のデジタルスケールなら、1,000円くらいから購入することができます。


計量カップと計量スプーン

材料を正確に量るための道具は、お菓子作りにとってなくてはならない必需品です。一般的に、外国のお菓子のレシピ本では、材料をデジタルスケールで量ることはごく稀なことです。大抵の場合には、計量カップで何カップ、計量スプーンで何杯といった記載がなされていますので、ぜひとも揃えておくようにしましょう。


ゴムべら

材料を混ぜる時に使用するゴムべらですが、木べらよりも柔軟性があるため、ボウルについた生地やクリームを無駄なくすくうことができます。


泡立て器

材料を混ぜたり、泡立てたりする時に使用します。泡立て器には、材料の混ざり具合を目と感触で確認できるというメリットがあります。メレンゲや生クリームを泡立てるのに泡立て器がない場合には、空きペットボトルやマヨネーズの空容器で代用することが可能です。しかし、衛生的な観点からするとあまりお勧めできる方法ではないため、お菓子作りを趣味にしようと思うならぜひ泡立て器を手に入れておきましょう。


ハンドミキサー

泡立て器があればハンドミキサーは必要ないと思うかもしれませんが、生クリームを泡立てる際には、ハンドミキサーの力を借りたほうが早く簡単に泡立てることができます。生クリームを泡立てる以外にも、シフォンケーキやマカロンなどのメレンゲ菓子を作る時に重宝します。


粉ふるい

お菓子作りをする時に避けては通れない粉ふるいの工程ですが、粉をふるうとふるわないとでは、出来上がりのお菓子の舌触りや焼き上がりが異なります。粉ふるいをすると焼きむらをなくしたり、生地が固くなるのを防いだりできるので、見栄えがよく美味しいお菓子を作るのに欠かせない道具です。


めん棒

めん棒は、生地を均一の厚さにのばすのに使用します。最近では、めん棒を使ったマッサージによるダイエットが人気になりましたが、自宅にはお菓子作り用とダイエット用の2本を揃えるようにしたほうが良いかもしれませんね。


基本を揃えて、お菓子作りをはじめよう

趣味でお菓子作りを始めるなら、道具を揃えてモチベーションをアップさせましょう。抜き型や焼き型は、マグカップなどで代用することができるので、最初からすべて揃える必要はありません。


基本の道具があれば、クッキーでもドーナッツでも、ケーキでも作ることができますよ。この機会に、お菓子作りが得意な素敵な女性を目指してみてはいかがでしょうか。


しゅみ女子編集部
しゅみ女子編集部

趣味を持って、さらに豊かな人生を。 女性の毎日がよりHappyになるような趣味さがしをお手伝いします。